に投稿

薬への変更で対処は可能です。

医学的情報の提供につとめています。

ホルモンの補充
母乳を飲んでいる赤ちゃんの便はいやな臭いがしませんが、これは生きた食べ物だけを摂取しているからです。母乳が出ず、ミルクで育った子供の便は、やはり母乳の子とは違うにおいがします。腸内の毒素と対抗するために免疫機能も働きますが、戦闘の結果生まれたフリーラジカルを中和してくれる善玉菌はほとんどいないので、フリーラジカルの悪行を止めることはできません。こうしてフリーラジカルに破壊された腸壁にポリープやガンが生まれていくのです。よい循環を支えるのは、腸内環境です。そして、私たちにできるのも、食事や生活習慣に気を配り、腸内環境を整えることだけです。よい循環がきちんと回りはじめるまではそれなりの努力が必要ですが、一度よい循環が回りはじめれば、月に1度ぐらいの肉食も飲酒も、それまでに蓄えたミラクル·エンザイムがフォローしてくれます。

自分の日々の積み重ねだけが、いざというときの自分を助けてくれるのだということを覚えておいてくださ人間の体と土地は切つても切れない関係欧米の人たちは、日本人よりもずっと長いあいだ、動物性食物をとりつづけています。それなのに日本人ほど極端に腸内バランスを崩すことはありません。なぜ日本人とアメリカ人でこれほどの違いがあるのだろうと、私はずっと考えてきました。
理由はいくつか考えられます。まず一つには、長い年月のあいだに培ってきた食文化が違うということがあげられます。

医師のほうもある程度注意しておく必要があります。
欧米人は何百年にもわたって肉食を続けてきていますが、日本人が肉食を始めたのは明治になってからですから、わずか百五十年足らずです。そして、長いあいだ穀物と野菜中心の食事を続けてきた日本人の腸は、体の大きさの割からすると、欧米人の約1-11倍もの長さをもっています。腸が長いぶん、食べたものが排出されるまでの時間も長くなり、肉食が腸に与える影響も大きくなると考えられます。もう一つは、土壌の違いです。中国の古い言葉に身土不二というものがありますが、これは人間の体と土地は切つても切れない関係にあるという意味です。いまでこそ世界中の食べ物を自宅にいながらにして食べられるようになりましたが、その土地でできた作物をその土地に住む人が食べるというのが、食の基本です。そのため、土地の状態によって、おのずとそこに住む人の健康も違ってくることになります。
もうずいぶん昔の話ですが、アメリカで売られている野菜を初めて見たとき、私はその大きさにビックリしました。日本の野菜とはナスでもキュウリでも明らかにサイズが違うのです。ですから、きっとこれは同じナスでも種類が違うのだろうと思っていたのですが、じつは、日本の野菜も種をアメリカにもっていって蒔くと、日本で育てるよりずっと大きな実がなるのです。
これは、アメリカの土壌に含まれるカルシウムやミネラルビタミンなどの量が、日本の土壌よりはるかに多いからです。たとえば、アメリカで育ったほうれん草に含まれるカルシウムの量は、日本で育ったものの三五倍もあるといいます。、例をあげると、ブロッコリーのカルシウム含有量は、アメリカでは100グラム中一七八ミリグラムなの対し、日本のものは同じ100グラム中に五七ミリグラムしかないというデータを読んだことがあります。つまり、アメリカ人が肉食をしても日本人ほど悪影響を受けないのは、こうした豊かな土地で育った野菜を酸性に傾きがちな体のpHバランスをある程度中和することができているからだと考えられる食べているため、のです。昔はアメリカ人と日本人では、明らかな体格差がありました。でも、いまの日本人の体は昔よりもずっと大きくなっています。これは食の欧米化が原因だといわれています。肉、牛乳、チーズ、バターなどを多用した食文化の流入とともに、日本人の食生活も、体型も変わってきたのです。

健康番組

ところが、欧米並みに変えたくても変えられないものが一つだけありました。
豊かさだけは真似をしたくてもできませんそれが土壌
です。
土壌の土壌の豊かさというのは、その土壌に生息する微生物や小動物の数で決まるといっても過言ではないのです。が、火山灰地の多い日本の土地には、土壌菌のエサとなるものが少ないのです。欧米並みの肉食をしているのに、野菜の栄養価が欧米の五分の一しかなかったらどうなるでしょう。ビタミンやミネラルが不足するのは明らかです。日本人に肉食の影響が大きく出ている理由は、こうした普段食べている野菜のにも原因があるのではないでしょうか。
日本の土壌はもともとそれほど豊かではありません。
それでも日本でとれた穀物と野菜、といった日本古来の食事をしていたときはバランスはとれていました近海の魚と海藻類自然のバランスというのは、そういうことだと思います。農薬を使った生物に生命エネル自然界にあるものはすべてつながりをもち、互いに影響しあいながら微妙なバランスを保っています。
ため、人間から見たら不要なものでも、自然界にとっては必要なものもあるのです。
その農作物を育てるとき、の害虫という言い方も、害虫被害を防ぐために農薬を使う、という言い方がされることがあります。しかしこ人間が自分たちの都合で勝手に名づけただけで自然界に害をなす虫など存在していま人間は農作物に虫がつくことをとても嫌いますが、じつは害虫であれ益虫であれ、が作物にとまることによって増える栄養素があるのです。

治療は新たな局面に入りました。症状が出がちです。それはキチンキトサン
です。キチンキトサンというと、カニやエビの殻に含まれているものとして知られていますが、虫の体を覆っているかたい組織もキチンキトサンによって構成されているのです。そして、虫が作物など植物の葉っぱにとまると、葉っぱからキトナーゼキチナーゼというエンザイムが出て、昆虫の足先や体からほんの少しのそれこそ何億分の一とかナノグラムという微量なのですが、キチンキトサンを吸収して植物はみずからの栄養としていたのです。その植物を食べた動物の生命維持に貢献していたのです。こうして虫から植物に取り込まれた栄養素は、しかしこの栄養のチェーンは、現在は農薬というハサミで断ち切られてしまっています。
そしてキチンキトサンではなく、今度は防虫に使われた農薬が野菜に取り込まれ、それを食べる人間の健康を害しているのです。
農作物のエネルギーの根源である土壌生物たちの命をも奪っています。
ミミズもよい土壌細菌もいません。
農薬はさらに、ている農地にはたないので、ないものになってしまいます。
農薬を定期的にま、そんなやせて生命エネルギーを失った土地では作物が育それは形だけのエネルギーのそこに化学肥料がまかれます。
化学薬品の力で作物はできますが、日本の農作物に含まれる栄養素の量が年々減っているのもこのためです。
しかし、いまの農作物におよんでいる人工的な被害は、農薬によるものだけではありません二つめの問題はです。日本の農業用水は生活用水のように多量の塩素で消毒されているわけではありませんが、農薬や河川の汚染、生活排水などの影響を受け、さまざまな汚染物質が含まれています。植物が育成するにはたくさんの水が不可欠です。人間の体内に入った毒素は、よい水を飲むことである程度排出されることがわかっています。これは植物も同じです。ところが、その毒素を浄化するはずの水自体が汚染されているのですから、毒素はたまる一方です。三つめの問題はハウス栽培です。じつは日本各地で見られるハウス栽培は日本独自のものでアメリカにはありません。ハウスを用いる目的は、害虫被害の軽減と室温管理ですが、ビニールによって太陽光線を遮断するデメリットがあることはあまり知られていません。

細胞は特殊な自殺の機構を持っている

もともと植物というのは、動物のように動き回ることはできません。そのため多量の紫外線にさらされます。紫外線は動植物に強いフリーラジカルを受けさせ酸化を促進させるので、植物はみずからの身を守るために抗酸化物質を体内に大量に作り出す仕組みを備えています。それが植物に多く含まれるビタミンA.C.Eなどのビタミン類や、フラボノイド、イソフラボン、カテキンなどのポリフェノールなのです。
こうした抗酸化物質は植物が紫外線を受けたときに作り出されます。つまり、ビニールなどで太陽光線を遮断してしまうと、植物に降り注ぐ紫外線が減り、結果としてビタミンやポリフェノールなどの抗酸化物質の含有量が減ってしまうのです。いまの日本の農業は、栄養価よりも見映えのよいものを作ることが優先されてしまっています。
自然の中で育った野菜というのは、虫食い穴があったり、形に大小があったりと、本当はそれほど見映えのよいものではありません。でもそのぶん、エネルギーを備えています。日本のカボチャはグッと握ると指が入ってしまいそうなほどやわらかいですが、カボチャは、出刃包丁でたたいてもなかなか割れないほど強固です。
アメリカで露地栽培された私たちは食べ物からエネルギーをもらっているのですから、その食べ物自体にエネルギーがなければ、いくら食べても健康にはなれません。自然な環境で育った食べ物を食べない人間が、自然の中で強く健康に生きられるはずがないのです。あなたの健康を支えているのは、健康状態は決まります。日々食べている食事です。
その食事をどのような基準で選ぶかであなたの日本ではまだ多くの農家が農薬や化学肥料を使っていますが、無農薬や有機農法に取り組んでいる方も増えてきています。

検査で確定診断が下せる

値段はたしかに一般的な商品よりも高いですが、私にいわせればそれは文字どおり命の値段です。命を養えるのは命だけです。生命エネルギーをもつ作物は、生命エネルギーのある土地でしか作れません土壌細菌が健全であれば、野菜も果物も穀物も、とても健康に育ちます。健康に育った食物は、体に入ったときに、腸の中にいる腸内細菌を健全にしてくれます。農薬に汚染された作物を食べるぐらいなら、私は遺伝子組み換え作物のほうが数段安全だと思っています。遺伝子組み換え作物というのは、人間が遺伝子をいじり、先天的に虫がつきにくいとか、実りが多いなど、人間にとって都合のよいように遺伝子レベルで作り換えてしまった農作物のことです。もともと虫がつきにくくなっているので、農薬を使う必要がなくなるというメリットがあるのですが、の人は、農薬よりも遺伝子組み換え作物のほうに嫌悪を示しているようです。
多くしかし私は、どちらを食べるかと問われれば、ほど農薬の危険というのは大きなものなのです。
農薬を使わずに育てた遺伝子組み換え作物を選びます。
それ
は免疫力を活性化させる人はパンのみにて生きるのではないというのはキリスト教の教えですが、のだということを、私は多くの患者さんから教えてもらいました。
これも自然の摂理の一つだっ病気の人が、何か目標を得たとき、奇跡的に病気が回復することが実際にあります。
いた人が、苦しんだあげくに、何かをきっかけに感謝の気持ちをもてるようになり、いったという例は世界中にたくさんあります。
ガンでとても苦しんでそこから病が回復して人間は誰しも無限の可能性を秘めています。その可能性が開かれたときには、そのエネルギーは死の淵からその人を連れ戻してくれることさえあるのです。

      医療へとつないでいくシステムを作り出すことができました。
      老化を確実
      細胞分裂を繰り返す。


症状が出がちです。 ガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗して ガンはウィルスが原因で起こる

に投稿

症状がほとんどなく

老化に関係する

薬は中毒になりやすいのではない
ニューヨークにある私のクリニックでは、検査をするときには、患者さんの不安や負担を最小限にするためにも、他の臓器の検査も同時に行うサービスをしています。まず胃や腸の内視鏡検査の前に、全身の検査をひと通り行います。全身の皮膚の状態、血圧、脈拍、血中酸素レベル、甲状腺、リンパ腺、関節·筋肉の異常の有無、そして、女性だったら乳ガンの検査(もちろん患者本人の許可を取ってから行います)なども行いまけいかんそれから大腸内視鏡検査の前に、女性だったら「子宮脛管ガンの検査もできますがいっしょにやりましょうか?」と聞くのです。お願いしますといわれれば、肛門に内視鏡を入れる前に大腸内視鏡で子宮を診てあげるのです。膣の中に五八センチほど挿入し子宮を診ても診なくても検査時間は1分も変わりません。でも、患者さんにとってみれば、産婦人科に行ってスペクトルムを入れて検査を受ける必要がなくなるので、とても喜んでいただいています。
私の専門は胃腸ですが、このように子宮の検査もすれば、前立腺の検査も乳ガンの検査もします。そしてこうした検査内容は、患者さんに喜んでいただきながら、私自身にとっても、医師としてとてもよい学びになっているのです。
の焼き肉
より十年後の健康
を選べ!
私はさまざまな病気の検査をさせていただくことで、いろいろなことを学びましたたとえば、乳ガンの検査でも、その人の食歴を聞くと、食と病気の因果関係が見えてきます。

症状には抗
乳ガンになる人は、コーヒーが好きで、牛乳、チーズ、ヨーグルトといった乳製品をひんぱんにとり、肉食をしていることがわかりました。そして、このような食事をしている人の多くには、乳ガンを発病していなくてもオッパイの感触がゴリゴリとする乳腺症の症状が出ていることもわかりました。つまり、コーヒー、乳製品、肉食という組み合わせが乳腺症を招き、そのまま食生活を改善しないでいると、乳ガンを発病する可能性が高くなるということがわかったのです。
ですからそれ以後は、乳腺症の人には必ず、食生活の改善を指導しています。乳腺症のある人に、「あなたはコーヒーと乳製品とお肉が好きでしょ?」と聞くと、なんでわかるのですかと、みんな目を丸くして驚きます。そしてこれまでの臨床データを教え、種明かしをするとほとんどの人が素直に食生活の改善を受け入れてくれます。
このように私の場合は、患者の体に教えてもらったことが、医療の基本となっています。生活習慣の指導も基本は同じです。乳ガンの予防には、食事を改めることとともに乳房を毎日五分間くらいマッサージすることがとても有効なのですが、これも臨床で学んだことです。私の臨床データでは、この三十年間、血流やリンパの流れが滞りやすい乳房を毎日一、二回マッサージしていた人で乳ガンを発症した人は一人もいません。
こうした乳ガンを予防するためのアドバイスを、乳ガン専門の医師たちがしているのかどうか私は知りません。でも、私がアドバイスをした人に1年後ぐらいに会うと、もちろん乳ガンになっていませんし、それどころかオッパイの組織がとてもやわらかくなって乳腺症までもが治っていることは事実です。

認知症にはあてはまりません。

医師である私にとって心からうれしいのは、病気を治すことでもなく、名医と呼ばれることでもなくように発病の可能性をもった未病の人に的確なアドバイスをし、健康になってもらうお手伝いができたときでこうした経験を積んでいると、の大切さを日々痛感せずにはいられませんしかし、いまの日本は、体にとって害になる食物が、よいものとしてまかり通っているのが現状です。
私はこの三十年間、機会を得るごとに食と健康の関係、そして危険な食物について述べてきましたが、まだ社会通念を改革するには至っていません。しかもこのまは臓器別医療が徹底されていったら、師が、私のように臨床で学ぶことはますますむずかしくなっていきます。若い医これからの医学に必要なのは、予防医学です。そして、正しい予防医学を確立するためには、正しい食の知識が必要不可欠です。すでに既存の常識に凝り固まった大人の意識を改革するのはなかなか大変です。本人が病気になれば別ですが、未病の段階では十年後の健康より今夜の焼き肉という人のほうが多いのです。
本書をここまで読んでくださったあなたには、ぜひ今夜の焼き肉より十年後の健康を選んでほしいと思っています。いま私が期待しているのは、次世代の教育です。よく知育、体育、徳育の三つが教育の柱として掲げられるのを耳にしますが、これからはぜひもう一つ、食育を組み入れて、正しい食の知識を多くの人に知っていただく機会を教育や医療の場でつくり出してほしいと思っているのです。現在の、カロリー計算と間違った理論にもとづく学校給食はとても危険です。
の改革と子供たちを対象とした食育がこれからの急務だと思っているのです。そうした意味でも、学校給食人間が生きていけるの物のおかげ魚の死骸が堆積しているところなどあ海で死んだ魚はどうなるか知っていますか?

検査をしている老化に関係する海底深くを見ても、ません。では、魚の死骸はどこに行ったのでしょう。
答えは消えてしまう
まうのです。
です。
海の中の微生物が少しずつ分解してしまうので、いつのまにかなくなってし私たちの世界は、肉眼では見えませんが微生物に満ちています。きれいな空気の中にも、1センチ立方に約千匹もの微生物がいるといわれています。高度1万メートルの上空にも、地下1万メートルの世界にも、微生物はいます。もちろん海中にもたくさんの微生物がいます。そして、私たち人間の腸の中にも腸内細菌と呼ばれる微生物がたくさん住んでいます。
つまり、私たち人間は、微生物とともに生きているのです。
人間の腸内には、約三百種類、約百兆個の腸内細菌が住みついているといわれています。彼らはただいるだけではありません。私たち人間はとても多くのことを、この細菌たちにしてもらっています。
そのなかでもっとも重要なのが、生命力の源であるエンザイムを作ってもらっていることです。腸内細菌は、およそ三千種類ものエンザイムを作っているといわれています。
腸内細菌にはいわゆる善玉菌悪玉菌と呼ばれるものがいます。一般的には、乳酸菌のように人間にとってよい働きをするものを善玉菌といい、ものを腐らせたり、人間の体に害をおよぼすものを作り出す菌を悪玉菌といいます。善玉菌というのは、ひとことでいえば抗酸化エンザイムをもっている菌のことです。彼らは腸内にフリーラジカルが発生すると、みずから死んで体内の抗酸化エンザイムを出し、フリーラジカルを中和させてくれます。腸内には絨毛と呼ばれる小さな突起がびっしりあるのですが、その絨毛の突起のあいだには善玉菌である乳酸菌が入り込んでいます。この絨毛の中には免疫システムにかかわる白血球やNK細胞ナチュラル·キラー細胞といったものが出てくるのですが、それらは、異種タンパクや細菌、ウイルスやガン細胞などの異物と戦うときに大量のフリーラジカルを出します。乳酸菌はその後始末ともいうべきフリーラジカルの除去に活躍してくれるのです。ちなみに、これはまだ私の仮説ですが、善玉菌の不足など何らかの理由で中和されきらなかったフリーラジカルが、非常にデリケートな絨毛に炎症を起こさせ、破壊していったのが潰瘍性大腸炎やクローン病ではないかと考えています。

ホルモンのひとつ

一方、悪玉菌は、不消化物などを破壊·崩壊させるような働きをするので、一般的には有害菌だと考えられているのですが、不消化物を早く体内から排出するために、異常発酵を起こし有毒なガスを出させて腸を刺激し、ガスや便の排泄を促していると考えることもできるのです。はいですから私は、腸内細菌というのは、本当は善悪がそんなにきっぱりと分かれているものではないのではないかと考えています。
悪玉菌も、必要だから体内に常在しているのではないでしょうか人間に利益をもたらすものを善玉菌、人間に毒になるものをもたらすのが悪玉菌、そしてそれ以外の人間には毒にも助けにもならないような菌を中間菌と称するのですが、これはあまりにも身勝手な分類だと思います。
大切なのは全体としてのバランスです。タンパク質のようにどんなに大切な栄養素でも、とりす。ぎれば体の中で毒になるように、悪玉菌も増えすぎれば問題ですが、健康維持のためにはいなければ困る細菌なのではないでしょうか腸内細菌のバランスはとてもデリケートです。微生物というのは、非常にもろい生物です。環境に左右されやすく、繁殖に適した環境だと一気に何千倍、何億倍にも増えますが、環境が悪いとすぐに死んでしまいます。また中間菌は、まわりに善玉菌がいっぱいあると、自分も抗酸化エンザイムを出すようになるのですが、まわりに悪玉菌が多いと、逆に自分も酸化酵素を出して悪玉菌に変わってしまうという、ファジーな性質をもつも酋亻ています。
つまり、より多数派に染まってしまうのが中間菌なのです。
人間は悪玉菌を毛嫌いしますが、悪玉菌が増えるような腸内環境をつくり出しているのは、ほかならぬ自分自身です。自分の食生活の乱れや、悪い生活習慣を棚に上げて、微生物を責めることはできません。中間菌を悪玉にするか善玉にするかは、自分自身の行いが決めているのです。
善玉菌が増えやすい腸内環境を整える生物が生きていくために必要不可欠なエンザイムですが、人間自身が作ることのできる量は決まっているといわれています体からエンザイムがなくなったとき、人の命も終わってしまいます。

ホルモン療法で使う

そう考えると、「ミラクル·エンザイム生命力」といっても間違いではないでしょう。
その大切なエンザイムをもっとも消耗させるのが、フリーラジカルです。現代社会は、ただでさえフリーラジカルが発生しやすい環境にあります。ストレス、大気汚染、紫外線、電磁波、細菌やウイルスの感染、レントゲンや放射線を浴びたときにもフリーラジカルは発生します。
しかし、フリーラジカルの発生原因のなかには、こうした外的要因のほかに、自分の意志で防ごうと思えば防げるものもたくさんあります。飲酒やたばこの習慣、食品添加物の摂取、酸化した食物の摂取、薬品の摂取などはその代表的なものです。これらの要因で消耗されるエンザイムの量は膨大ですから、意識的に減らす努力をしなければ、必ず病気になってしまうでしょう。
もともと人間の体内にあるエンザイムの量が決まっているとすれば、あとはエンザイムを作り出すことのできる腸内細菌にすがるしかありません。抗酸化エンザイムをもつ善玉菌が繁殖しやすい腸内環境を用意するということが、人間にできる唯一のエンザイムを増やす方法だということです。エンザイムの豊富な食物を食べなさいというのも、となるからです。
善玉菌が繁殖し、ミラクル·エンザイムを作り出す原料自然環境がそうであるように、最初によいものをいくつか積み重ねると、を食べ、よい水を飲み、よい生活習慣を続ければ、自然と腸内環境は整い、み出され、生命力あふれる人生を送ることができます。
よい循環が生まれます。よい食物ミラクル·エンザイムが豊富に生しかし逆に、一つでも悪いことをして、このよい循環を乱してしまうと、悪い循環が始まってしまいます。好きだからといって肉や乳製品などの動物食を常食していると、消化吸収が悪くなり、腸内環境はみるみる悪化していきます。腸内環境が悪化すると、善玉菌が減り、中間菌は悪玉菌と化し、ただでさえフリーラジカルと戦うことができない環境となります。しかし、消化吸収能力の低下した腸では不消化物が腐り、その腐っものを栄養に、たくさんいる悪玉菌が、毒ガスをどんどん作り出していきます。いつも異様にくさいガスをバンバン連発している人というのは、おなかの中でこうした悪循環が生じているのです。

      ホルモンであるテストステロンが不足しているためです。
      ホルモン療法について
      病気をくぐり抜ける体験


老化に関係する 免疫力を高めることでがんは必ず治ります。 ガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗して