に投稿

病気というイメージがあるけれど

免疫力周りで風邪がはやっていて

参照)□病名や病状が得られた根拠(経膣エコーなどの画像検査を受けたら、その画像の写真も見せてもらおう)□病気の進行の見込み□治療方針(妊娠希望の有無、自分の仕事や家族の状況などを伝えておこう)<経過観察か、薬物療法か、手術なのかなど><治療方針提案の根拠、その治療法のメリット·デメリット>幸いなことに、子宮内膜症も子宮筋腫も、すぐに治療を始めないと命にかかわるという病気ではありませんから、その場であわてて結論を出さなくても大丈夫です。
診察室で聞いた診断や治療法などは、いったん家にもち帰って自分の考えを整理し、インターネットで調べてみるなどしていろいろと情報を集め、納得したうえで治療を始めるようにしましょう。家族にも相談したほうがよいと思います。
ただし、子宮筋腫で鉄欠乏性貧血を伴う場合は、すぐに治療を始める必要があります。通常、その日のうちに出ます。治療は鉄剤の服用のほかに、注射があります。
血液検査の結果は、子宮内膜症や子宮筋腫では、子どもが欲しいかどうかで治療方針が大きく変わってきます。ですから、妊娠を希望する場合は、そのことをきちんと医師に伝えておきましょう。そうしないと、「筋腫が大きいので、手術で子宮を取ってしまいましょう」などという治療方針を提案されてしまう場合もあります。
子宮内膜症、子宮筋腫はなぜできる?
子宮とホルモンのしくみを知っておこう

  • 子宮のしくみと働き
  • 重さは約50gです。(医学生時代子宮は、個人差はありますが、おおよそ卵のMサイズぐらいの大きさで、覚えやすいようにしきゅう>gと教わっていました)。

    ぼうこう次の図を見るとわかりますが、直腸と膀胱の間にはさまれていて、前側に少し傾いています。
    しきゅうこうくつ余談ですが、子宮後屈という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。これはふつうとは逆に、子宮がうしろ側に傾いている状態です。位置が違うだけで、べつに病気ではありません。
    次の図のように、子宮は、上部3分の2を占める子宮体部と、下部3分の1を占める子宮頸部に大きく分けられています。そして、子宮体部は子宮漿膜と呼ばれる薄い膜に包まれています。
    しょうまく子宮そのものは、1~3㎝ぐらいの厚さの筋肉でできていて、この筋肉は驚くほど伸び縮みします。なにしろ、もともとは長さ8㎝幅4㎝ぐらいの子宮が、出産直前には長さ30㎝幅25㎝くらいの大きさまで伸び出産後には元に戻るわけですからさらに子宮の内側は、子宮内膜という薄い膜におおわれています。
    この膜は基底層と機能層に分けられ、機能層は女性ホルモンの働きによって、妊娠準備のために周期的に厚くなったり、はがれ落ちたりを繰り返しています。これが月経です。
    子宮の最大の役目は、妊娠の間、胎児の保護をすることです。
    ですから、極端な話をしてしまうと、妊娠をこの先、まったく希望しない場合、あるいは閉経が近いなどこんち子宮に病気があったら、摘出してしまうことで根治すると妊娠の可能性が100%ないような場合には、いう選択肢もあるわけです。

    薬を回収しようとしたところ


    医師にとって

    「そんなことをしたら、女性らしくなくなってしまう」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、女性ホルモンは子宮からではなく、卵巣から分泌されているので、子宮がなくなってもその心配はありません。
    もちろん、これは極論であって、そうはいかないケースがほとんどでしょう。したがって、子宮を残したまま、どうやって病気を治していくか、病気とうまくつきあっていくかということが、子宮内膜症や子宮筋腫の治療の最大のポイントとなります。
    きんしゅ月経をコントロールするホルモンの流れからない……。
    そう思われる方も多いことでしょう。
    しかし、ホルモンは女性の病気や治療にかかわってくる大切なものですから、苦手な方も、少しおつきあいください。
    ホルモンとは、私たちの体の組織や器官に情報を伝え、きちんと働くように促す物質です。
    内分泌器官と呼ばれるところ(脳にある視床下部や下垂体、甲状腺、副腎、膵臓、女性では卵巣、男性では精巣)からさまざまなホルモンが分泌されその量はごく微量!、血液に乗り全身に運ばれて、それぞれが目的とする器官に到着し、情報を伝えます。
    ししょうかぶかすいたいこうじょうせんふくじんすいぞう人間のホルモンは約40種類あるといわれていますが、そのうち女性ホルモンと呼ばれるものは、「エストロゲン卵胞ホルモン」と「プロゲステロン黄体ホルモン」のふたつです。子宮内膜症と子宮筋腫は、月経と深いかかわりをもっていますが、月経を周期的におこしているのが、このふたつの女性ホルモンなのです。
    らんぼうおうたい子宮は毎月、妊娠のための準備を整えていて、妊娠が成立しないと月経になります。
    この働きをコントロールしているのは、とても精密にセットされた体内のホルモンの流れです。

    医師たちが知らないはずはありません。

    次の図を見てください。
    脳の視床下部から分泌されている「性腺刺激ホルモン放出ホルモン(ゴナドトロピン放出ホルモン:GnRH)」は下垂体を刺激して、下垂体は卵胞刺激ホルモンFSHを分泌します。これが目的地の卵巣に到着すると、このホルモンの刺激で卵巣の中の卵胞(卵と卵を囲む細胞が一体化したもので、生まれつき卵巣には数十万個の卵胞がある)が成熟しはじめ、ここで女性ホルモンの「エストロゲン卵胞ホルモン」が分泌されるのです。
    エストロゲンは子宮内膜の機能層(前のページ「子宮とホルモンのしくみを知っておこう」参照)を厚く変化させて受精卵がやってきたときの、いわばベッドの準備をはじめます。卵胞が十分に成熟すると、エストロゲンは下垂体を刺激して、「黄体化ホルモンLH」を分泌させ、その影響で排卵がおこります。
    卵が飛び出したぁとの卵胞は黄体という組織に変化して、黄体は、エストロゲンとともに、もうひとつの女性ホルモン「プロゲステロン黄体ホルモン」を分泌しはじめます。プロゲステロンは厚みを増した子宮内膜の機能層をやわらかくし、受精卵が着床して育っていける環境を整えます。
    さて、ここに受精卵がやってきて子宮内膜に着床すれば妊娠ということになるわけですが、妊娠が成立しないと、黄体は14日間くらいで退化するため、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が低下して、必要なくなった子宮内膜の機能層ははがれ落ちてしまいます。このときにおこる出血が月経なのです。
    血液中のエストロゲンの量が低下すると、サイクルが繰り返されることになります。視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、月経のふたつの女性ホルモンの動きは、朝起きたときに安静な状態で測る基礎体温で知ることができます。


    ホルモンの最後というのはどうなるのですか。

    薬をかえたほうがいいのではないかと考えるようになりました。

    排卵後、プロゲステロンの分泌量がエストロゲンを上回ると高温期に、エストロゲンが上回っているときは低温期になります。

  • エストロゲンの働きと子宮内膜症、
  • 子宮筋腫子宮内膜症、子宮筋腫に影響を与えていると考えられるのは、実は女性ホルモンのエストロゲンです。
    どのような関係があるかという点に触れる前に、エストロゲンがいかに女性の体に欠かせないものなのか簡単に説明しておきましょう。
    エストロゲンは、子宮に関しては次の表に示したような働きをしています。
    そして、このほかにも骨の密度を維持する、血液中のコレステロールを減らす、肌にハリを与える、血管を広げるといったさまざまな役割をもっています。エストロゲンは女性の体を守っている、といってもよいかもしれません。
    女性の体にたくさんの恩恵をもたらしているエストロゲンですが、実はこれが子宮内膜症の原因となる内膜組織の増殖を助ける作用や、筋腫を大きくする作用があることがわかってきました。なぜそんな作用がおこるのかはよくわかっていないのですが、エストロゲンの影響が大きいということは、いまやまぎれもない事実です。したがって、妊娠してエストロゲンの分泌量が抑えられると一時的に子宮内膜症が治りますし(筋腫では小さくなる説、逆に大きくなる説の両方があります)、閉経を迎えてエストロゲンがほとんど分泌されなくなると、内膜組織の増殖がなくなったり、筋腫が小さくなったりして、いずれの病気も症状が改善します。

    ホルモンが女性


    認知症が治るとでも思っているんです。

    ただし筋腫の場合、一度できてしまったものは、萎縮して小さくなるものの、完全になくなるということはありまいしゅく昨今、子宮内膜症や子宮筋腫の患者さんが増えてきたといわれています。きちんとした統計があるわけではないので、「おそらく増えているだろう」という推測ですが、この背景として、妊娠·出産率の低下があげられます。
    かつては5人、6人、あるいはもっと子どもがいるというのが、あたり前の家族の姿でした。
    つまり、妊娠期間を40週とし、授乳期間も考えると、5人子どもがいたら、少なくとも5年弱は月経のない期間(エストロゲンの分泌が抑えられている期間)があったわけです。子どもが10人いたら、9年ぐらい。女性の妊娠できる期間をかりに20年としたら、半分ぐらいは月経がない計算になります。
    このように、月経がない期間が現在と比べて短かったから、かった。こんな考え方もできるわけです。
    昔の女性は子宮内膜症や子宮筋腫になりにくいろいろな研究が進んできて最近では、子宮内膜症や子宮筋腫の原因は、エストロゲンのほかにもあるといわれています。そこで次からは、子宮内膜症、子宮筋腫を分けて、病気の原因、また不妊との関係について、見ていきたいと思います。
    子宮内膜症とはどんな病気?

  • 子宮内膜症の原因
  • 子宮内膜症とは、本来は子宮の内側にある子宮内膜が、子宮の内側以外異所性に増殖する病気です。妊娠準備で厚くなった子宮内膜は、妊娠が成立しないとはがれ落ちて排出されますが、このときに内膜組織うないその一部が腹腔内で増殖したの一部が卵管を通って腹腔内おなかのなかにこぼれ落ちることがあります。
    ものが子宮内膜症で、月経に伴って炎症や出血をおこします。
    りかんりつはっきりした統計は出ていませんが、罹患率は月経のある女性の10い2030歳代では、さらに高くなっています。
    ガンはすでに進んでいます。

    • 薬などを用います。
    • 医者にはそれほど選択肢がないのです。
    • 薬を飲んでいるとき


    ガンはすでに進んでいます。 医師のもとに駆けつけ 医師のもとに駆けつけ

    に投稿

    医学会指導私

    ガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗して

    ストレスに鈍感なばかりにからだの異変に気づかない
    病気から始まる医学ではなく、健康な状態から体をとらえ、どうしたら健康を維持できるのかということを考えていかなければ、本当の医学というのは成り立っていかないのではないでしょうか私が食と健康の関係について真剣に研究しはじめたのは、いまから三十年以上も前のことです。当時、アメリカで多くの人の胃腸を診ていた私は、胃相·腸相が健康を知るうえでの非常によいバロメーターであり、胃相·腸相をよくすることが健康を手に入れる早道であることに気づきました。そこで私は、いま現在、病に苦しんでいる人を助けるためにコロノスコープ大腸内視鏡でのポリペクトミー内視鏡を使ったポリープ切除術技術の開発·普及に努めるかたわら、人間が病気になる根本原因を探しつづけましたさまざまな論文を読み、患者さんに協力していただき、臨床データを集め、薬の影響をみずからの体で検証し、野生の動物たちにも学びました。
    その結果、私がたどりついたのは、「この世をすべて包んでいる自然の摂理(これは神の意志といってもよいのですが)に反することをすると人間は病気になる」ということでした生活習慣病といえるような病気はほとんど見あたりません。
    野生の動物たちには、もちろんそこには、医者や薬のない野生の世界で病気になることは死に直結してしまうからという一面もあります。の状態の野生動物がほとんどいないこともまた事実です。
    彼らはなぜ病気にしかし、ならないのでしょう。
    未病
    それは彼らが自然の摂理に則った生活を送っているからです。人間のように命というのは本来、健康に寿命をまっとうできるような仕組みをもっているのではないでしょうか。初めから病気になることが運命づけられている命などないのです。

    薬が効くケースもあります。
    不幸にして先天的な疾患をもって生まれてくる命もありますが、それは命の発生段階において、遺伝的もしくは環境的に何らかの悪影響があったためと考えられます。この世に原因のない結果は存在しません。原因不明の先天的疾患も原因不明の病気も、原因がないのではなく原因がまだわかっていないというだけのことです。
    命は健康に生きるために必要なシナリオをもって生まれてくるのではないだろうか-私はそれを命のシナリオと呼んでいます。かんたんにいうと、動物たちは生きるために必要なことを本能的に知っているのです。つまり、野生動物は、本能的に命のシナリオを知り、それに従って生きているということです。
    肉食動物のと草食動物のが違うのは、あなたたちの食べ物はこういうものですよ、という自然の摂理の表れにほかなりません。
    私たち人間の歯並びにも、そうした自然の摂理はちゃんと組み込まれていままん人間もちゃんと身といえます。命のシナリオをもっているということです。
    傲慢にもそれを無視しているのは私たち自自然の摂理に則した命のシナリオを無視させてしまったのは、人間の限りないです。考える
    という人間に与えられた神の恩寵をとり違え、みずからを特別な存在だと思いこんできた人間は、ほかのどの動物よりも自分たちは高等な生き物なのだと思い、彼らを家畜やペットとして自分たちの都合のいいように支配してきましたおんちょうこれまで人間が培ってきた文化は、ある意味での文化でした。よりおいしいものを食べたいという欲を満足させるために、自然の摂理に則した食の範疇からはみ出し、より便利な生活をしたいという欲を満足させるために、さまざまな文明の利器を生み出すとともに、自然環境を破壊してきました。

    治療を再開することができます

    もっとラクに作物を育てたいという欲は、農薬を作り出し、もっと土地やお金が欲しいという欲が争いを生んできましたいまの人間社会は、そうした自分たちの拡大させつづけてきたたちで支払っているのかもしれません
    と便利さの代償を、病気というかでも、もうそろそろ現在の医学の延長線上に本当の健康はないということに気づいてもよいころです。私たち人間も自然の一部です。自然の一部が健康に生きるには、自然の摂理に身をゆだねなければなりません。自然の摂理に身をゆだねるというのは、みずからに備わった命のシナリオに耳を傾けるということです。
    太っているのに飢餓感を感じるのは、必要な栄養素が足りないからです。下痢をしたり便秘をしたりするのは体に適さないものを食べているからです。そして、病気になるのは、命のシナリオを無視しているからです。

    ですから、これからの医学は、これまでのように病気を力でねじ伏せていくような医学ではなく、自然の摂理に立ち返り、命のシナリオに耳を傾け、みずからに備わった自然治癒力を目覚めさせ、にシフトしていくべきだと私は考えています。命を養っていく医学器別医学は医者をダメにする自然の摂理に学ぶなら、まず現在の臓器別医療をやめることが求められます。臓器別医療は、「木を見て森を見ない医療」だからです。自然には単独で成立しているものなどありません。すべては互いに影響しあいバランスを保っているのです。
    最近、海を育てる森づくりというのが話題になっているのをご存じでしょうか。

    医師や専門家の指導で決めてもらう。免疫力を高めることでがんは必ず治ります。これは、急に海から魚がいなくなったのを不思議に思った漁師たちが原因を調べたところ、数年前に開発のために山の木が広範囲にわたって伐採されていたことが原因とわかり、魚を呼び戻すために山に植林をするというプロジェクトです。
    一見しただけでは関係性がないように見える木の伐採と海の魚ですが、自然のサイクルの中では密接につながっていたのです。
    ばっさい人間の体も同じです。六十兆個の細胞それぞれの個別の活動が、血液·リンパの流れ、胃腸の流れ、尿の流れ、空気の流れ、そして気の流れという五つの流れを媒介に、密接に関係しあいながら生命活動が行われているのです。そうした流れを無視して、胃だ腸だと単独の臓器だけで問題を解決しようとすることに、もともと無理がぁるのです。このまま臓器別医療が進んだら、その先にあるのは、もはや医師ではありません。自分の専門があったとしても、それ以外の臓器のことも、その患者の健康状態をトータルに診ることができるのが本当の医師というものです。
    見るからに顔色の悪い患者を目の当たりにしても、自分は胃腸の専門だからと、ただ腸にコロノスコープを入れて、ポリープはないか、ポリープはないかとただそれだけを診て、「ポリープもガンもなかったですよよかったですね」と帰すのでは、あまりにもお粗末です。
    私のことを全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医と呼んでくださる方もいらっしゃいますが、私は自分が特別な才能をもっているとは思っていません。私はただ、患者の体の声に耳を傾けながら日々診療にあたっているだけです。現在アメリカでは乳ガン患者の大腸検診が定着していますが、そのことを最初に発表したのは私でした。

    神経の緊張によってコルチゾール

    そのときも、これはドクター新谷のすばらしい発見だとほめていただきましたが、私にいわせれば、それぞれの患者の体全体を診ていれば、他のドクターにもわかることだったと思っています。私はガンをもっている人に会うと、体の中を見なくてもそのことがわかります。なぜなら、うまく言葉では説明できないのですが、自分のがサーッと吸い取られるような感じを受けるからです。私がこういう話をすると、ドクターの多くは苦笑します。でも、これはたんなるカンではなく、私の膨大な臨床経験に裏打ちされた直感なのだと思います。
    以前、三十八歳の女性で、上腹部を指さしながら、方がいました。たしかにそんな気がしました。
    「先生、私のこのあたりにガンがあるんです」
    と訴えたところが、彼女は私のところに来る以前に、いくつもの病院へ行き、検査も受けたが、どこへ行っても検査結果は異常なしだったそうです。
    私も内視鏡を入れて丹念に診ましたが、どこにもガンは認められません年齢も若いし、それほど心配はないと思ったのですが、あまりにその女性が違和感を訴えるので、私は十二指腸から胆管に造影剤を入れてレントゲン検査をしてみました。胆管は非常に細いので、内視鏡では診ることができません。胆管に造影剤を入れる検査なども、通常ではまず行わない検査です。ところが、この検査で胆管に小指の先ほどの大きさのガンが見つかったのです。また、自分は胃ガンにちがいないといって私のところに受診しにきた患者さんもいました。この方も通常の内視鏡検査では異常は見られませんでした。でも、この場合も患者がこれほど訴えるのだから何かあるはずだと思い、私は一か月ほど間をあけて、もう一度内視鏡検査をすることにしました。すると11か月後、胃には小さな潰瘍ができていました。そこで組織を取って検査したところ、胃粘膜の下にスキルスガンが広がっていることがわかったのです。

    生活習慣の改善

    スキルスガンは進行が早く早期発見がむずかしいうえ、粘膜の下にできてしまうと内視鏡検査ではほとんどわからないため、非常に恐ろしい病気です。もし、あのとき二か月後の再検査を約束していなかったら、ガンは致命的なものになってしまっていたでしょう。
    かいよう一人の医師が一人の患者と向き合える時間は、それほど長いものではありません。その短い時間のあいだに医者は全神経を集中して、患者の体が発しているSOS信号を受け取らなければなりません。
    それはまさに剣の豪同士の真剣勝負にも引けをとらないほどの気合い
    の世界です。しかし残念なことに、患者の体の声を聞こうとする医師は減ってきています。それは臓器別医療が徹底されてきているからです。みなさんも経験があると思いますが、患者は診察を受ける前に、自分が診察を受ける科を自分で決めなければなりません。そのうえ、診察室で医師から「今日はどうしましたか?」と聞かれるのです。そこで患者が胃が痛いといえば、胃の検査をし、病気があるかないかを調べますが、胃に何も問題が見つからないと「よかったですね。なんともありませんよ」と帰してしまいます。患者のほうからもっと検査をといい出さないかぎり、診察はそこで終わりです。ひどい医者になると、患者の声を無視して「気のせいですよ。そんな検査は必要ありません」と追い返してしまうケースさえあります。でも、ます。先ほどの私の体験からもわかるように、医師はもっと患者の声に真剣に取り組むことが必要だと思私はこうした臓器別医療の現状が悲しくてしかたありません。
    がないからです。こんなことをしていて本当の医師が育つわけさらに悪いことに、いまではインターン制度まで廃止され、医師免許を取った時点で、その医師は自分の専門を決めることになります。これは、専門以外の臓器のことを学ぶ機会すら与えられないということです。

        アレルギーで体がだるい
        薬から切りかえる場合
        薬や睡眠


    免疫力を高めることでがんは必ず治ります。 症状がほとんどなく 医学会指導で更年期障害の外来にいく