老化に関係する

検査をしている

治療を受ける機会を失
大切なのは全体としてのバランスです。タンパク質のようにどんなに大切な栄養素でも、とりす。ぎれば体の中で毒になるように、悪玉菌も増えすぎれば問題ですが、健康維持のためにはいなければ困る細菌なのではないでしょうか腸内細菌のバランスはとてもデリケートです。微生物というのは、非常にもろい生物です。環境に左右されやすく、繁殖に適した環境だと一気に何千倍、何億倍にも増えますが、環境が悪いとすぐに死んでしまいます。また中間菌は、まわりに善玉菌がいっぱいあると、自分も抗酸化エンザイムを出すようになるのですが、まわりに悪玉菌が多いと、逆に自分も酸化酵素を出して悪玉菌に変わってしまうという、ファジーな性質をもつも酋亻ています。
つまり、より多数派に染まってしまうのが中間菌なのです。
人間は悪玉菌を毛嫌いしますが、悪玉菌が増えるような腸内環境をつくり出しているのは、ほかならぬ自分自身です。自分の食生活の乱れや、悪い生活習慣を棚に上げて、微生物を責めることはできません。中間菌を悪玉にするか善玉にするかは、自分自身の行いが決めているのです。
善玉菌が増えやすい腸内環境を整える生物が生きていくために必要不可欠なエンザイムですが、人間自身が作ることのできる量は決まっているといわれています体からエンザイムがなくなったとき、人の命も終わってしまいます。

海底深くを見ても、ません。では、魚の死骸はどこに行ったのでしょう。
答えは消えてしまう
まうのです。
です。
海の中の微生物が少しずつ分解してしまうので、いつのまにかなくなってし私たちの世界は、肉眼では見えませんが微生物に満ちています。きれいな空気の中にも、1センチ立方に約千匹もの微生物がいるといわれています。高度1万メートルの上空にも、地下1万メートルの世界にも、微生物はいます。もちろん海中にもたくさんの微生物がいます。そして、私たち人間の腸の中にも腸内細菌と呼ばれる微生物がたくさん住んでいます。
つまり、私たち人間は、微生物とともに生きているのです。
人間の腸内には、約三百種類、約百兆個の腸内細菌が住みついているといわれています。彼らはただいるだけではありません。私たち人間はとても多くのことを、この細菌たちにしてもらっています。

神経優位な状態が長く続くことになるわけです。

そのなかでもっとも重要なのが、生命力の源であるエンザイムを作ってもらっていることです。腸内細菌は、およそ三千種類ものエンザイムを作っているといわれています。
腸内細菌にはいわゆる善玉菌悪玉菌と呼ばれるものがいます。一般的には、乳酸菌のように人間にとってよい働きをするものを善玉菌といい、ものを腐らせたり、人間の体に害をおよぼすものを作り出す菌を悪玉菌といいます。善玉菌というのは、ひとことでいえば抗酸化エンザイムをもっている菌のことです。彼らは腸内にフリーラジカルが発生すると、みずから死んで体内の抗酸化エンザイムを出し、フリーラジカルを中和させてくれます。腸内には絨毛と呼ばれる小さな突起がびっしりあるのですが、その絨毛の突起のあいだには善玉菌である乳酸菌が入り込んでいます。この絨毛の中には免疫システムにかかわる白血球やNK細胞ナチュラル·キラー細胞といったものが出てくるのですが、それらは、異種タンパクや細菌、ウイルスやガン細胞などの異物と戦うときに大量のフリーラジカルを出します。乳酸菌はその後始末ともいうべきフリーラジカルの除去に活躍してくれるのです。ちなみに、これはまだ私の仮説ですが、善玉菌の不足など何らかの理由で中和されきらなかったフリーラジカルが、非常にデリケートな絨毛に炎症を起こさせ、破壊していったのが潰瘍性大腸炎やクローン病ではないかと考えています。

ホルモン療法で使う


症状現れる薬への変更で対処は可能です。一方、悪玉菌は、不消化物などを破壊·崩壊させるような働きをするので、一般的には有害菌だと考えられているのですが、不消化物を早く体内から排出するために、異常発酵を起こし有毒なガスを出させて腸を刺激し、ガスや便の排泄を促していると考えることもできるのです。はいですから私は、腸内細菌というのは、本当は善悪がそんなにきっぱりと分かれているものではないのではないかと考えています。
悪玉菌も、必要だから体内に常在しているのではないでしょうか人間に利益をもたらすものを善玉菌、人間に毒になるものをもたらすのが悪玉菌、そしてそれ以外の人間には毒にも助けにもならないような菌を中間菌と称するのですが、これはあまりにも身勝手な分類だと思います。

医師の承認

大切なのは全体としてのバランスです。タンパク質のようにどんなに大切な栄養素でも、とりす。ぎれば体の中で毒になるように、悪玉菌も増えすぎれば問題ですが、健康維持のためにはいなければ困る細菌なのではないでしょうか腸内細菌のバランスはとてもデリケートです。微生物というのは、非常にもろい生物です。環境に左右されやすく、繁殖に適した環境だと一気に何千倍、何億倍にも増えますが、環境が悪いとすぐに死んでしまいます。また中間菌は、まわりに善玉菌がいっぱいあると、自分も抗酸化エンザイムを出すようになるのですが、まわりに悪玉菌が多いと、逆に自分も酸化酵素を出して悪玉菌に変わってしまうという、ファジーな性質をもつも酋亻ています。
つまり、より多数派に染まってしまうのが中間菌なのです。
人間は悪玉菌を毛嫌いしますが、悪玉菌が増えるような腸内環境をつくり出しているのは、ほかならぬ自分自身です。自分の食生活の乱れや、悪い生活習慣を棚に上げて、微生物を責めることはできません。中間菌を悪玉にするか善玉にするかは、自分自身の行いが決めているのです。
善玉菌が増えやすい腸内環境を整える生物が生きていくために必要不可欠なエンザイムですが、人間自身が作ることのできる量は決まっているといわれています体からエンザイムがなくなったとき、人の命も終わってしまいます。

ホルモンは体のさまざまな代謝に関係する


症状月経時に毎回寝込んでしまうほど下腹部痛
そう考えると、「ミラクル·エンザイム生命力」といっても間違いではないでしょう。
その大切なエンザイムをもっとも消耗させるのが、フリーラジカルです。現代社会は、ただでさえフリーラジカルが発生しやすい環境にあります。ストレス、大気汚染、紫外線、電磁波、細菌やウイルスの感染、レントゲンや放射線を浴びたときにもフリーラジカルは発生します。
しかし、フリーラジカルの発生原因のなかには、こうした外的要因のほかに、自分の意志で防ごうと思えば防げるものもたくさんあります。飲酒やたばこの習慣、食品添加物の摂取、酸化した食物の摂取、薬品の摂取などはその代表的なものです。これらの要因で消耗されるエンザイムの量は膨大ですから、意識的に減らす努力をしなければ、必ず病気になってしまうでしょう。
もともと人間の体内にあるエンザイムの量が決まっているとすれば、あとはエンザイムを作り出すことのできる腸内細菌にすがるしかありません。抗酸化エンザイムをもつ善玉菌が繁殖しやすい腸内環境を用意するということが、人間にできる唯一のエンザイムを増やす方法だということです。エンザイムの豊富な食物を食べなさいというのも、となるからです。
善玉菌が繁殖し、ミラクル·エンザイムを作り出す原料自然環境がそうであるように、最初によいものをいくつか積み重ねると、を食べ、よい水を飲み、よい生活習慣を続ければ、自然と腸内環境は整い、み出され、生命力あふれる人生を送ることができます。

薬をください

よい循環が生まれます。よい食物ミラクル·エンザイムが豊富に生しかし逆に、一つでも悪いことをして、このよい循環を乱してしまうと、悪い循環が始まってしまいます。好きだからといって肉や乳製品などの動物食を常食していると、消化吸収が悪くなり、腸内環境はみるみる悪化していきます。腸内環境が悪化すると、善玉菌が減り、中間菌は悪玉菌と化し、ただでさえフリーラジカルと戦うことができない環境となります。しかし、消化吸収能力の低下した腸では不消化物が腐り、その腐っものを栄養に、たくさんいる悪玉菌が、毒ガスをどんどん作り出していきます。いつも異様にくさいガスをバンバン連発している人というのは、おなかの中でこうした悪循環が生じているのです。


薬への変更で対処は可能です。 医学会指導私 免疫力を高めることでがんは必ず治ります。

免疫力を高めることでがんは必ず治ります。

医師の技量を見極めるポイント

私は自分を含め人間の命がちっぽけなものであることを知っています。でもだからこそ、その小さな命が大切で愛おしくてしかたないのです。おいしければいい、楽しければいい、ラクならいい、そんな刹那的な生き方をして、その貴重で短い生涯を失ってしまうのはあまりにももったいないとは思いませんか^せつ短い人生を病気になって苦しむ必要はありません。
健康に生きるすべは、私たち一人ひとりの命に命のシナリオ
として書き込まれています。
まずは自分の体の声に耳を傾けることです。その声が聞こえないときは、自然に学んでください。自然の摂理を見ればまの私たちに必要なものが何なのか、ちゃんと教えてくれていることに気づくでしょう。
自然の摂理を謙虚に受けとめ、命のシナリオ
い幸福な人生をサポートしてくれます。に身をゆだねれば、あとはミラクル·エンザイムが太く長健康を維持するというのは、人生の目的ではありません。人生を豊かに生きるために必要不可欠なアイテムの一つです。大切なのは健康な体を生かして、人生を思いどおりに生きていくことです。たとえ百二十年生きたとしても、やはり人生は短いと私なら思うでしょう。
でもそれは、私にこの人生でやりたいことがいっぱいあるからです。しかもそれは、つねにモチベーション体のエネルギーを高いレベルでキープしていなければ、でも、をふるいたたせ、実現できないものばかりです。
ガンセンター

ストレスの高いものになりがちです。

人生は短い。
だからこそすばらしい人生を一人でも多くの人に送っていただきたいと思っています。いかがでしたでしょうか。
「子宮内膜症子宮筋腫婦人科を受診することをおすすめします。
チェックの結果がの可能性が高い」、あるいは「子宮内膜症子宮筋腫の可能性がある」
となった方は、一度、とくに、12点満点で「子宮内膜症子宮筋腫の可能性が高い」に当てはまった方、あるいは「子宮内膜症子宮筋腫の可能性がある」に当てはまった方で、この1、2カ月のうちに症状が急激にひどくなったような場合は、できるだけ早めに婦人科にいらしたほうがよいでしょう。
一方、結果が問題はなさそうに当てはまった方は、子宮内膜症や子宮筋腫の可能性は低く、今のところは大丈夫といえそうです。ただ、これから先、ある時期を境に症状が出てきたり、それまで気にならなかっ症状がひどくなったりすることがあるかもしれません。そのときはもう一度、このチェックリストを利用しご自身の状態を確かめるようにされるとよいと思います。
月経ってどれくらいなら正常?どこからが問題アリ?
月経とは、ご存じのとおり、妊娠にかかわるメカニズムのひとつです。
ふつう排卵が一定だと、月経周期も月経の周期や量が変わって一定になりますが、排卵に問題があったり、卵巣や子宮に病気があったりすると、きます。

 

細胞内に酸素を蓄えることができる


健康を害してしまうのです。

月経の乱れは、子宮や卵巣が発するSOSサインのひとつなのです。
とはいえ、みなさんのなかには、3日で月経が終わってしまう方も、1週間以上続く方もいらっしゃるでしょう。また、月経のサイクルが25日ぐらいの方も、40日ぐらいの方もいらっしゃるでしょう。月経は人によってまちまちですし、ほかの人と比較することもあまりできないので、どんな月経なら正常なのか、あるいは自分の月経は正常範囲なのか、知っている方は意外に少ないのではないでしょうかそこで参考までに、次に標準的な月経を示しておきます。これを見て、ご自身の月経はどうか、確認しておきましょう。標準からはみ出してしまっている方は、子宮内膜症や子宮筋腫に限らず、なんらかの病気があるかもしれません。一度、婦人科の受診をおすすめします。標準的な月経月経周期は2538日月経期間は3~7日月経時の出血量は50~100㎖(多いときで2時間に1回ナプキンを交換するぐらいの量までなら正常)※月経時の出血量についてはきちんとしたデータがありません。これはあくまでも目安です。
婦人科を選ぶときのポイントは?
どこの婦人科にかかろうかまよったとき、最近は、さまざまな雑誌などでで、もちろんそういったものを参考にするのもよいと思います。
よい病院を紹介していますのでも、ここでは医師から見た、患者さんの実生活に即した婦人科選びのポイントをあげておきます。

医学的情報の提供につとめています。

ストレスや緊張昨今の婦人科の事情も少し書いてありますので、あわせて参考にしてくださいまた近所の婦人科でもOK子宮内膜症かもしれない、子宮筋腫かもしれないと思って最初に足を運ぶのは、たいていご近所の病院やクリニックではないでしょうか。私はそれでまったくかまわない、最初から大病院や手術設備が整っている病院に行く必要はないと思います。むしろ、子宮内膜症や子宮筋腫の治療のほとんどは通院で行いますから、なにより通いやすい場所に病院やクリニックがあることが大事です。その代わり-といってはなんですが、あなたが診てもらうご近所の医師が、手術の実績のある医師とパイプをもっているかが重要です。できれば、「子宮内膜症の00という手術ならこの医師」、「子宮筋腫の00という治療ならこの医師」というように、治療法や医師について、いろいろな情報や医師との連携をもっていて、いざというとき、速やかにそういった医師を紹介してもらえるのが望ましいと思います。
病気のもとを取り除く根治手術しかないということになります。
病気のもとを取り除く根治手術しかないということになります。

細胞に運ばれます。

ガン患者がいる方はリスクが高いこのことについては、初診時に実は……と聞いてみるのは気が引けるでしょうから、手術を受ける場合は紹介状を書いてくれるのか、どこか決まった病院を紹介してもらえるのかなどを、受診前にまず電話で問い合わせてみるのがよいかもしれません。

ホームページの過剰なキャッチコピーにご用心

一方、今や常識となった病院選びの方法が、インターネットによる検索です。病院選びのためのサイトもいくつかありますし、病院やクリニックのホームページも参考になります。ホームページでは診療にかかわる医師の名前、専門などを探してチェックしましょう。
ホームページのなかには、00治療で絶対に治るというような過剰なキャッチフレーズを並べているところもあります。くわしくはいえませんが、そういった言葉にまどわされた患者さんが集まってきて、治療ミスが多発したというケースを知っています。たまたまそのクリニックが問題だったのかもしれませんが、いずれにしても安易に治ると強調するキャッチコピーはあまり信用しないほうがよいというのが、私の持論です。
内診に配慮を見せる婦人科·婦人科医を子宮と卵管、卵巣といった子宮付属器を診るために欠かせないのが内診ですが、必ずしも初診で行う必要はありません。極度に緊張されている患者さんに内診をしても、うまく病気の状態を探れないことがありますしなにより患者さん自身にとって、内診がトラウマのようになってしまい、次から婦人科を受診できなくなるおそれもあります。

老化に関係する

神経が緊張状態にある

私の場合、性行為の経験がない患者さんや、緊張されていたり、不安をつのらせていたりする患者さんに対しては、初診で内診はせず、2回め、3回めの診察で信頼関係が築けてから内診をするようにしています。本当に内診がいやだという方は、担当の医師に率直に、気持ちを話してみてください。いずれは内診をしたほうがよいのですが、そのタイミングを調節することはできると思います。
総合病院、大きな婦人科専門病院、私が勤める大学病院などでは、1日におおぜいの患者さんを診なければいけません。正直にいいまして、内診台のあるスペースはパーテーションで区切られている程度で、ほかの患者さんの声や移動時の音が聞こえてしまいます。そういうところではなく、完全にプライバシーが守られるところを望む方は、最近、個室を完備している個人医院·病院もありますので、そういうところを受診されるとよいと思います。

神経が強くなる傾向があります。

ストレスを感じて

細胞を活性化

体中のエンザイムが活性化し逆に、どれほど体が健康であっても、毎日ネガティブなことを考え、生を送っていたら、エンザイムはどんどん力を失っていきます。毎日不幸だと思いながら一人寂しい人ですから私は、ガンを治すというのはじつはそれほどむずかしいことではないと思っているのです。その人が心から自分は治ると信じ、自分が誰かを心から愛していることを悟ることができたら、その人は病を克服することができるのではないかと思います。愛する孫が学校を卒業して、結婚して、えれば、その人はそこまで生きるのです。
無限の可能性が開くのです。
症状がほとんどなく

症状が混在している例が少なくありません。

子供をもつまで自分はどうしても生きていたいと心の底から強く思どれだけ強いモチベーションをもつことができるか、それによって病気を癒すというのは、たんに悪いところを切り取ったり、薬を与えたりすることではありません。
が心からハッピーになれるようなモチベーションをもたせてあげることです。その人ですから本当によい医者というのは、そういうモチベーションを患者に上手に与えることのできる医者なのだと思います。だから、私はそういう医者になりたいと思っているのです。
では、何がいちばん強いモチベーションになるのでしょう。
それはやはりだと思います。
男女の愛、親子の愛、友への愛、いろいろな愛のかたちがありますが、どのような相手であれ、モチベ人を愛するところから生まれてくるものだと私は思ってションやウェルネス、います。

 

症状もよくなります。


薬を使い始めるということは可能です。

ハッピネスというのはすべて、健康になるには、人を愛するという気持ちが絶対に必要なのです。人間は一人では幸福にはなれません。幸福な人生というのは、親の愛から始まり、愛する友や伴侶とめぐり合い、新たな命を生み出していくというように、つねにに満ちています。これは受ける愛から、互いに育む愛に、そしてそそぐ愛へという愛の進化の過程でもあります。はんりょ人は、本当に幸せを感じていると、免疫機能が活性化することが、血液検査でわかっています。免疫機能を高めるのはミラクル·エンザイムですから、幸せを感じている人にはミラクル·エンザイムの貯蔵量が充分にあるということもいえます。
また、幸せを感じているときというのは、神経系は副交感神経が優位になっているのでストレスが減ります。ストレスが減るとフリーラジカルの発生が抑えられるので、腸内バランスが善玉菌優位になっていきます。そして、腸内環境がよくなると、そのよい状態が副交感神経を通して脳の視床下部に伝達され、その情報を大脳が受け取り、ああ幸せだなとふたたび実感するのです。
つまり、本当の幸せを感じたことがきっかけで、【幸福の実感→副交感神経優位→ストレスの軽減→腸内バランスがよくなる→副交感神経優位→視床下部伝達→幸福の実感】という幸せのサイクルが回りはじめるので人間の体というのは、免疫系でもホルモン系でも神経系でも、どこか一つが単独で動くということはありません。
ガンはウィルスが原因で起こる

症状がはっきりあらわれない患者さんの場合すべてが影響しあい、一つのよいサイクルが回りはじめると、体全体が一気によいほうへと変化していくのです。このような幸せのサイクルが回りはじめると、腸内細菌もよい環境下で活性化し、ミラクル·エンザイムを大量に作りはじめます。そのミラクル·エンザイムの大量生産に刺激され、体全体の細胞の活性化が起こります。人を愛することで幸せを感じた人の自己治癒力が活性化する陰には、こうした幸せのサイクルによって大量に生まれるミラクル·エンザイムの働きがあったのです。
誰かを愛するということが、私たち人間の命のシナリオ
ことが、このことからもおわかりいただけると思います。
に書かれているとても大切な項目の一つであるすべてはシナリオに書き込まれている体を臓器ごとに見てしまうと大切なものを見失ってしまうのと同じように、も誤りです。人間の心と体は切り離せない関係にあります。
人間を肉体だけで見てしまうの仕事などで精神的な圧迫があると体は交感神経優位になり、優位になります。
遺伝子が関係しているはずです。
遺伝子が関係しているはずです。

医者はごくまれです。

症状も加わります。夜、寝ているあいだに体力が回復するのは、逆に幸福感に心が満たされると体は副交感神経寝ると体が副交感神経優位に切り替わるからで毎日精神的ストレスがある人が、忙しいからと、体によくない食事を続けていたら、体のバランスは加速度的に悪くなっていきます。病気に至るプロセスは一つではありません。すべてはつながっているのです。精神的要因、肉体的要因、環境的要因、それらすべてが組み合わさって、悪いサイクルが生まれたとき、病気になっていくのです。
悪い食事は体内に大量のフリーラジカルを発生させますが、じぐらい多くのフリーラジカルを体内に発生させます。
憎しみや妬みといったマイナス感情もそれと同ですから、食事や生活習慣をよいものにしていくだけでなく、康に生きるためにはとても大切なのです。
精神的に平和で安定した状態を保つことが健同じようにガンを発病した人のなかにも、悪性度の強いガンでとても短いあいだに命を落としてしまう人とそれほど進行せずにすむ人がいます。この違いは病気になった本人、これをホスト宿主というのです。が、そのホストの体力の違いだと私は思っています。
ガンが転移するのも、再発するのも、ホストの体力が低下しているからです。ではその体力とは何かというと、その人がもつミラクル·エンザイムの量だと、私は考えています。

医学的情報の提供につとめています。

薬では治せません。

ホストがミラクル·エンザイムをある程度もっていれば、ガンが体内に発生してもそれほど悪性度の強いガンにならずにすむし、逆にミラクル·エンザイムの量が少ないと、すぐに凶悪な性質のガンになってしまうということです。そして、ミラクル·エンザイムをたくさんもっている人には、ガンなど最初からできないということです。宇宙の大きさから見たら、私たち人間はウイルスにも満たないようなとても小さな存在です。
時間から考えたら、私たち人間の一生は瞬きする間もないような短いものです。
そして宇宙のでも、それほど短くはかないものだからこそ、私は精一杯長く、精一杯エネルギッシュに生きたいと思っています。そして、より多くの人にも、そうした生き方をしていただきたいと思っています。私が、つねに若くいよう、健康でいよう、勉強もしよう、もっといろいろなものに興味をもとうと、多くの人に呼びかけているのもそのためです。

治療をしたらよいかという