医学的情報の提供につとめています。

治療は新たな局面に入りました。

それはキチンキトサン
です。キチンキトサンというと、カニやエビの殻に含まれているものとして知られていますが、虫の体を覆っているかたい組織もキチンキトサンによって構成されているのです。そして、虫が作物など植物の葉っぱにとまると、葉っぱからキトナーゼキチナーゼというエンザイムが出て、昆虫の足先や体からほんの少しのそれこそ何億分の一とかナノグラムという微量なのですが、キチンキトサンを吸収して植物はみずからの栄養としていたのです。その植物を食べた動物の生命維持に貢献していたのです。こうして虫から植物に取り込まれた栄養素は、しかしこの栄養のチェーンは、現在は農薬というハサミで断ち切られてしまっています。
そしてキチンキトサンではなく、今度は防虫に使われた農薬が野菜に取り込まれ、それを食べる人間の健康を害しているのです。
ストレスを感じて

ホルモンと言われています。

農作物のエネルギーの根源である土壌生物たちの命をも奪っています。
ミミズもよい土壌細菌もいません。
農薬はさらに、ている農地にはたないので、ないものになってしまいます。
農薬を定期的にま、そんなやせて生命エネルギーを失った土地では作物が育それは形だけのエネルギーのそこに化学肥料がまかれます。
化学薬品の力で作物はできますが、日本の農作物に含まれる栄養素の量が年々減っているのもこのためです。
しかし、いまの農作物におよんでいる人工的な被害は、農薬によるものだけではありません二つめの問題はです。日本の農業用水は生活用水のように多量の塩素で消毒されているわけではありませんが、農薬や河川の汚染、生活排水などの影響を受け、さまざまな汚染物質が含まれています。植物が育成するにはたくさんの水が不可欠です。人間の体内に入った毒素は、よい水を飲むことである程度排出されることがわかっています。これは植物も同じです。ところが、その毒素を浄化するはずの水自体が汚染されているのですから、毒素はたまる一方です。三つめの問題はハウス栽培です。じつは日本各地で見られるハウス栽培は日本独自のものでアメリカにはありません。ハウスを用いる目的は、害虫被害の軽減と室温管理ですが、ビニールによって太陽光線を遮断するデメリットがあることはあまり知られていません。

 

検査で確定診断が下せる


うつ熱状態ですねやく大人でも^先生基本はですね。

もともと植物というのは、動物のように動き回ることはできません。そのため多量の紫外線にさらされます。紫外線は動植物に強いフリーラジカルを受けさせ酸化を促進させるので、植物はみずからの身を守るために抗酸化物質を体内に大量に作り出す仕組みを備えています。それが植物に多く含まれるビタミンA.C.Eなどのビタミン類や、フラボノイド、イソフラボン、カテキンなどのポリフェノールなのです。
こうした抗酸化物質は植物が紫外線を受けたときに作り出されます。つまり、ビニールなどで太陽光線を遮断してしまうと、植物に降り注ぐ紫外線が減り、結果としてビタミンやポリフェノールなどの抗酸化物質の含有量が減ってしまうのです。いまの日本の農業は、栄養価よりも見映えのよいものを作ることが優先されてしまっています。
老化に関係する

薬でないのはいうまでもありません。自然の中で育った野菜というのは、虫食い穴があったり、形に大小があったりと、本当はそれほど見映えのよいものではありません。でもそのぶん、エネルギーを備えています。日本のカボチャはグッと握ると指が入ってしまいそうなほどやわらかいですが、カボチャは、出刃包丁でたたいてもなかなか割れないほど強固です。
アメリカで露地栽培された私たちは食べ物からエネルギーをもらっているのですから、その食べ物自体にエネルギーがなければ、いくら食べても健康にはなれません。自然な環境で育った食べ物を食べない人間が、自然の中で強く健康に生きられるはずがないのです。あなたの健康を支えているのは、健康状態は決まります。日々食べている食事です。
その食事をどのような基準で選ぶかであなたの日本ではまだ多くの農家が農薬や化学肥料を使っていますが、無農薬や有機農法に取り組んでいる方も増えてきています。
医療とは比べようもなく
医療とは比べようもなく

ストレスを感じる

ホルモンであるというのである。値段はたしかに一般的な商品よりも高いですが、私にいわせればそれは文字どおり命の値段です。命を養えるのは命だけです。生命エネルギーをもつ作物は、生命エネルギーのある土地でしか作れません土壌細菌が健全であれば、野菜も果物も穀物も、とても健康に育ちます。健康に育った食物は、体に入ったときに、腸の中にいる腸内細菌を健全にしてくれます。農薬に汚染された作物を食べるぐらいなら、私は遺伝子組み換え作物のほうが数段安全だと思っています。遺伝子組み換え作物というのは、人間が遺伝子をいじり、先天的に虫がつきにくいとか、実りが多いなど、人間にとって都合のよいように遺伝子レベルで作り換えてしまった農作物のことです。もともと虫がつきにくくなっているので、農薬を使う必要がなくなるというメリットがあるのですが、の人は、農薬よりも遺伝子組み換え作物のほうに嫌悪を示しているようです。
症状が出がちです。

薬物分解酵素

多くしかし私は、どちらを食べるかと問われれば、ほど農薬の危険というのは大きなものなのです。
農薬を使わずに育てた遺伝子組み換え作物を選びます。
それ
は免疫力を活性化させる人はパンのみにて生きるのではないというのはキリスト教の教えですが、のだということを、私は多くの患者さんから教えてもらいました。
これも自然の摂理の一つだっ病気の人が、何か目標を得たとき、奇跡的に病気が回復することが実際にあります。
いた人が、苦しんだあげくに、何かをきっかけに感謝の気持ちをもてるようになり、いったという例は世界中にたくさんあります。
ガンでとても苦しんでそこから病が回復して人間は誰しも無限の可能性を秘めています。その可能性が開かれたときには、そのエネルギーは死の淵からその人を連れ戻してくれることさえあるのです。

遺伝子の異常によって起こる

老化に関係する

検査をしている

治療を受ける機会を失
大切なのは全体としてのバランスです。タンパク質のようにどんなに大切な栄養素でも、とりす。ぎれば体の中で毒になるように、悪玉菌も増えすぎれば問題ですが、健康維持のためにはいなければ困る細菌なのではないでしょうか腸内細菌のバランスはとてもデリケートです。微生物というのは、非常にもろい生物です。環境に左右されやすく、繁殖に適した環境だと一気に何千倍、何億倍にも増えますが、環境が悪いとすぐに死んでしまいます。また中間菌は、まわりに善玉菌がいっぱいあると、自分も抗酸化エンザイムを出すようになるのですが、まわりに悪玉菌が多いと、逆に自分も酸化酵素を出して悪玉菌に変わってしまうという、ファジーな性質をもつも酋亻ています。
つまり、より多数派に染まってしまうのが中間菌なのです。
人間は悪玉菌を毛嫌いしますが、悪玉菌が増えるような腸内環境をつくり出しているのは、ほかならぬ自分自身です。自分の食生活の乱れや、悪い生活習慣を棚に上げて、微生物を責めることはできません。中間菌を悪玉にするか善玉にするかは、自分自身の行いが決めているのです。
善玉菌が増えやすい腸内環境を整える生物が生きていくために必要不可欠なエンザイムですが、人間自身が作ることのできる量は決まっているといわれています体からエンザイムがなくなったとき、人の命も終わってしまいます。

海底深くを見ても、ません。では、魚の死骸はどこに行ったのでしょう。
答えは消えてしまう
まうのです。
です。
海の中の微生物が少しずつ分解してしまうので、いつのまにかなくなってし私たちの世界は、肉眼では見えませんが微生物に満ちています。きれいな空気の中にも、1センチ立方に約千匹もの微生物がいるといわれています。高度1万メートルの上空にも、地下1万メートルの世界にも、微生物はいます。もちろん海中にもたくさんの微生物がいます。そして、私たち人間の腸の中にも腸内細菌と呼ばれる微生物がたくさん住んでいます。
つまり、私たち人間は、微生物とともに生きているのです。
人間の腸内には、約三百種類、約百兆個の腸内細菌が住みついているといわれています。彼らはただいるだけではありません。私たち人間はとても多くのことを、この細菌たちにしてもらっています。

神経優位な状態が長く続くことになるわけです。

そのなかでもっとも重要なのが、生命力の源であるエンザイムを作ってもらっていることです。腸内細菌は、およそ三千種類ものエンザイムを作っているといわれています。
腸内細菌にはいわゆる善玉菌悪玉菌と呼ばれるものがいます。一般的には、乳酸菌のように人間にとってよい働きをするものを善玉菌といい、ものを腐らせたり、人間の体に害をおよぼすものを作り出す菌を悪玉菌といいます。善玉菌というのは、ひとことでいえば抗酸化エンザイムをもっている菌のことです。彼らは腸内にフリーラジカルが発生すると、みずから死んで体内の抗酸化エンザイムを出し、フリーラジカルを中和させてくれます。腸内には絨毛と呼ばれる小さな突起がびっしりあるのですが、その絨毛の突起のあいだには善玉菌である乳酸菌が入り込んでいます。この絨毛の中には免疫システムにかかわる白血球やNK細胞ナチュラル·キラー細胞といったものが出てくるのですが、それらは、異種タンパクや細菌、ウイルスやガン細胞などの異物と戦うときに大量のフリーラジカルを出します。乳酸菌はその後始末ともいうべきフリーラジカルの除去に活躍してくれるのです。ちなみに、これはまだ私の仮説ですが、善玉菌の不足など何らかの理由で中和されきらなかったフリーラジカルが、非常にデリケートな絨毛に炎症を起こさせ、破壊していったのが潰瘍性大腸炎やクローン病ではないかと考えています。

ホルモン療法で使う


症状現れる薬への変更で対処は可能です。一方、悪玉菌は、不消化物などを破壊·崩壊させるような働きをするので、一般的には有害菌だと考えられているのですが、不消化物を早く体内から排出するために、異常発酵を起こし有毒なガスを出させて腸を刺激し、ガスや便の排泄を促していると考えることもできるのです。はいですから私は、腸内細菌というのは、本当は善悪がそんなにきっぱりと分かれているものではないのではないかと考えています。
悪玉菌も、必要だから体内に常在しているのではないでしょうか人間に利益をもたらすものを善玉菌、人間に毒になるものをもたらすのが悪玉菌、そしてそれ以外の人間には毒にも助けにもならないような菌を中間菌と称するのですが、これはあまりにも身勝手な分類だと思います。

医師の承認

大切なのは全体としてのバランスです。タンパク質のようにどんなに大切な栄養素でも、とりす。ぎれば体の中で毒になるように、悪玉菌も増えすぎれば問題ですが、健康維持のためにはいなければ困る細菌なのではないでしょうか腸内細菌のバランスはとてもデリケートです。微生物というのは、非常にもろい生物です。環境に左右されやすく、繁殖に適した環境だと一気に何千倍、何億倍にも増えますが、環境が悪いとすぐに死んでしまいます。また中間菌は、まわりに善玉菌がいっぱいあると、自分も抗酸化エンザイムを出すようになるのですが、まわりに悪玉菌が多いと、逆に自分も酸化酵素を出して悪玉菌に変わってしまうという、ファジーな性質をもつも酋亻ています。
つまり、より多数派に染まってしまうのが中間菌なのです。
人間は悪玉菌を毛嫌いしますが、悪玉菌が増えるような腸内環境をつくり出しているのは、ほかならぬ自分自身です。自分の食生活の乱れや、悪い生活習慣を棚に上げて、微生物を責めることはできません。中間菌を悪玉にするか善玉にするかは、自分自身の行いが決めているのです。
善玉菌が増えやすい腸内環境を整える生物が生きていくために必要不可欠なエンザイムですが、人間自身が作ることのできる量は決まっているといわれています体からエンザイムがなくなったとき、人の命も終わってしまいます。

ホルモンは体のさまざまな代謝に関係する


症状月経時に毎回寝込んでしまうほど下腹部痛
そう考えると、「ミラクル·エンザイム生命力」といっても間違いではないでしょう。
その大切なエンザイムをもっとも消耗させるのが、フリーラジカルです。現代社会は、ただでさえフリーラジカルが発生しやすい環境にあります。ストレス、大気汚染、紫外線、電磁波、細菌やウイルスの感染、レントゲンや放射線を浴びたときにもフリーラジカルは発生します。
しかし、フリーラジカルの発生原因のなかには、こうした外的要因のほかに、自分の意志で防ごうと思えば防げるものもたくさんあります。飲酒やたばこの習慣、食品添加物の摂取、酸化した食物の摂取、薬品の摂取などはその代表的なものです。これらの要因で消耗されるエンザイムの量は膨大ですから、意識的に減らす努力をしなければ、必ず病気になってしまうでしょう。
もともと人間の体内にあるエンザイムの量が決まっているとすれば、あとはエンザイムを作り出すことのできる腸内細菌にすがるしかありません。抗酸化エンザイムをもつ善玉菌が繁殖しやすい腸内環境を用意するということが、人間にできる唯一のエンザイムを増やす方法だということです。エンザイムの豊富な食物を食べなさいというのも、となるからです。
善玉菌が繁殖し、ミラクル·エンザイムを作り出す原料自然環境がそうであるように、最初によいものをいくつか積み重ねると、を食べ、よい水を飲み、よい生活習慣を続ければ、自然と腸内環境は整い、み出され、生命力あふれる人生を送ることができます。

薬をください

よい循環が生まれます。よい食物ミラクル·エンザイムが豊富に生しかし逆に、一つでも悪いことをして、このよい循環を乱してしまうと、悪い循環が始まってしまいます。好きだからといって肉や乳製品などの動物食を常食していると、消化吸収が悪くなり、腸内環境はみるみる悪化していきます。腸内環境が悪化すると、善玉菌が減り、中間菌は悪玉菌と化し、ただでさえフリーラジカルと戦うことができない環境となります。しかし、消化吸収能力の低下した腸では不消化物が腐り、その腐っものを栄養に、たくさんいる悪玉菌が、毒ガスをどんどん作り出していきます。いつも異様にくさいガスをバンバン連発している人というのは、おなかの中でこうした悪循環が生じているのです。


薬への変更で対処は可能です。 医学会指導私 免疫力を高めることでがんは必ず治ります。

薬への変更で対処は可能です。

健康番組

細胞分裂を繰り返す。
これは、アメリカの土壌に含まれるカルシウムやミネラルビタミンなどの量が、日本の土壌よりはるかに多いからです。たとえば、アメリカで育ったほうれん草に含まれるカルシウムの量は、日本で育ったものの三五倍もあるといいます。、例をあげると、ブロッコリーのカルシウム含有量は、アメリカでは100グラム中一七八ミリグラムなの対し、日本のものは同じ100グラム中に五七ミリグラムしかないというデータを読んだことがあります。つまり、アメリカ人が肉食をしても日本人ほど悪影響を受けないのは、こうした豊かな土地で育った野菜を酸性に傾きがちな体のpHバランスをある程度中和することができているからだと考えられる食べているため、のです。昔はアメリカ人と日本人では、明らかな体格差がありました。でも、いまの日本人の体は昔よりもずっと大きくなっています。これは食の欧米化が原因だといわれています。肉、牛乳、チーズ、バターなどを多用した食文化の流入とともに、日本人の食生活も、体型も変わってきたのです。

母乳を飲んでいる赤ちゃんの便はいやな臭いがしませんが、これは生きた食べ物だけを摂取しているからです。母乳が出ず、ミルクで育った子供の便は、やはり母乳の子とは違うにおいがします。腸内の毒素と対抗するために免疫機能も働きますが、戦闘の結果生まれたフリーラジカルを中和してくれる善玉菌はほとんどいないので、フリーラジカルの悪行を止めることはできません。こうしてフリーラジカルに破壊された腸壁にポリープやガンが生まれていくのです。よい循環を支えるのは、腸内環境です。そして、私たちにできるのも、食事や生活習慣に気を配り、腸内環境を整えることだけです。よい循環がきちんと回りはじめるまではそれなりの努力が必要ですが、一度よい循環が回りはじめれば、月に1度ぐらいの肉食も飲酒も、それまでに蓄えたミラクル·エンザイムがフォローしてくれます。

ケアしていく時代になると思います。

自分の日々の積み重ねだけが、いざというときの自分を助けてくれるのだということを覚えておいてくださ人間の体と土地は切つても切れない関係欧米の人たちは、日本人よりもずっと長いあいだ、動物性食物をとりつづけています。それなのに日本人ほど極端に腸内バランスを崩すことはありません。なぜ日本人とアメリカ人でこれほどの違いがあるのだろうと、私はずっと考えてきました。
理由はいくつか考えられます。まず一つには、長い年月のあいだに培ってきた食文化が違うということがあげられます。

細胞は特殊な自殺の機構を持っている


医療へとつないでいくシステムを作り出すことができました。症状が出がちです。欧米人は何百年にもわたって肉食を続けてきていますが、日本人が肉食を始めたのは明治になってからですから、わずか百五十年足らずです。そして、長いあいだ穀物と野菜中心の食事を続けてきた日本人の腸は、体の大きさの割からすると、欧米人の約1-11倍もの長さをもっています。腸が長いぶん、食べたものが排出されるまでの時間も長くなり、肉食が腸に与える影響も大きくなると考えられます。もう一つは、土壌の違いです。中国の古い言葉に身土不二というものがありますが、これは人間の体と土地は切つても切れない関係にあるという意味です。いまでこそ世界中の食べ物を自宅にいながらにして食べられるようになりましたが、その土地でできた作物をその土地に住む人が食べるというのが、食の基本です。そのため、土地の状態によって、おのずとそこに住む人の健康も違ってくることになります。
もうずいぶん昔の話ですが、アメリカで売られている野菜を初めて見たとき、私はその大きさにビックリしました。日本の野菜とはナスでもキュウリでも明らかにサイズが違うのです。ですから、きっとこれは同じナスでも種類が違うのだろうと思っていたのですが、じつは、日本の野菜も種をアメリカにもっていって蒔くと、日本で育てるよりずっと大きな実がなるのです。

神経によってコントロールされています

これは、アメリカの土壌に含まれるカルシウムやミネラルビタミンなどの量が、日本の土壌よりはるかに多いからです。たとえば、アメリカで育ったほうれん草に含まれるカルシウムの量は、日本で育ったものの三五倍もあるといいます。、例をあげると、ブロッコリーのカルシウム含有量は、アメリカでは100グラム中一七八ミリグラムなの対し、日本のものは同じ100グラム中に五七ミリグラムしかないというデータを読んだことがあります。つまり、アメリカ人が肉食をしても日本人ほど悪影響を受けないのは、こうした豊かな土地で育った野菜を酸性に傾きがちな体のpHバランスをある程度中和することができているからだと考えられる食べているため、のです。昔はアメリカ人と日本人では、明らかな体格差がありました。でも、いまの日本人の体は昔よりもずっと大きくなっています。これは食の欧米化が原因だといわれています。肉、牛乳、チーズ、バターなどを多用した食文化の流入とともに、日本人の食生活も、体型も変わってきたのです。

医師のほうもある程度注意しておく必要があります。


神経が優位な慎重派
ところが、欧米並みに変えたくても変えられないものが一つだけありました。
豊かさだけは真似をしたくてもできませんそれが土壌
です。
土壌の土壌の豊かさというのは、その土壌に生息する微生物や小動物の数で決まるといっても過言ではないのです。が、火山灰地の多い日本の土地には、土壌菌のエサとなるものが少ないのです。欧米並みの肉食をしているのに、野菜の栄養価が欧米の五分の一しかなかったらどうなるでしょう。ビタミンやミネラルが不足するのは明らかです。日本人に肉食の影響が大きく出ている理由は、こうした普段食べている野菜のにも原因があるのではないでしょうか。
日本の土壌はもともとそれほど豊かではありません。

老化を確実

それでも日本でとれた穀物と野菜、といった日本古来の食事をしていたときはバランスはとれていました近海の魚と海藻類自然のバランスというのは、そういうことだと思います。農薬を使った生物に生命エネル自然界にあるものはすべてつながりをもち、互いに影響しあいながら微妙なバランスを保っています。
ため、人間から見たら不要なものでも、自然界にとっては必要なものもあるのです。
その農作物を育てるとき、の害虫という言い方も、害虫被害を防ぐために農薬を使う、という言い方がされることがあります。しかしこ人間が自分たちの都合で勝手に名づけただけで自然界に害をなす虫など存在していま人間は農作物に虫がつくことをとても嫌いますが、じつは害虫であれ益虫であれ、が作物にとまることによって増える栄養素があるのです。


症状が出がちです。 ガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗して ガンはウィルスが原因で起こる

症状が出がちです。

健康維持の方法を実践する

ところで、昨今、内診をしない婦人科が出てきています。
それはどうでしょうか。
私としては、おすすめできません。繰り返しになりますが、内診は子宮や卵巣の病気を知るために欠かせません。内診の代わりになるMRI(磁気共鳴画像化装置¥前のページ「内診だけじゃない、子宮内膜症、子宮筋腫の診察と検査」⑤MR_参照)を毎回撮るのであれば、それもよいのかもしれませんがMRIはかなり費用がかかります、腹部の超音波検査(前のページ「内診だけじゃない、子宮内膜症、子宮筋腫の診察と検査」¥内診は子宮の内と外から参照)だけですませるのでは、病気を見逃すおそれもあります。

  • 女性の医師?
  • 男性の医師?
    女性の医師、男性の医師については、ほうが大切です。
    どちらでもよいと思います。
    性別よりも、患者さんと医師との相性の多くの男性の婦人科医は本当に気を使って、ドクハラにならないような診察を心がけています。

    医学的情報の提供につとめています。

    症状を指します

    男性だからといって、やみくもに嫌わないでほしい、というのがホンネです。
    だから実力のある医師はどこでチェックできる?
    日常的な診察について、医師の実力の違いというのはあまりありません。
    といいますか、技術力を測る物差しがないので、なんともいえないというのが本当のところです。
    ただ、日本産科婦人科学会では専門医制度を設けているので、こちらを参考にするという手もあります。産婦人科専門医とは、同会のホームページ2008年3月現在によると、「日本産科婦人科学会が指定する病院で5年以上産婦人科の臨床を研修し実際に診察をし、専門医認定試験筆記·面接試験に合格した産婦人科医師」のことで、「常に産婦人科専門医として広い知識と高い水準の技能を備えている」ことになっています。

     

    ストレスが大きくならないうちに早めに上司に相談する


    認知症とピック病の識別などは難しい場合も少なくありません。

    ホームページには合格者名探すのもよいでしょう。
    産婦人科専門医がのっていますので、これを参考にして病院やクリニックを手術を担当する医師の実力はここで見る子宮内膜症や子宮筋腫では、手術をすすめられる患者さんが、かなり多くなります。手術をしてもらう医師のことは、とくに気になるのが当然でしょう。技術が未熟な医師が執刀すると、大きな血管を切って出血多量になったり、子宮や腸に穴をあけてしまったり、神経を傷つけて麻痺が出てしまったりなど、病巣を取り除けないどころか、思わぬトラブルに見舞われるおそれもあります。
    まひ手術を受ける場合、やはり不安に思われるのでしょう、あちこちの病院を回っても、どこの病院にしたらよいか決めかねて、困っている患者さんも少なくありません。手術、とくに腹腔鏡の手術は、医師の技量に差がありますので、ドクターショッピングをしてしまうのも、今の状況ではある意味、やむをえないことかもしれません。

    ストレスを感じて

    細胞を破壊するという説私たちは酸素を吸いふくくうきよう医師の技量を見極めるポイントは、まず、その医師の得意分野を調べることです。婦人科医のなかには子宮内膜症の腹腔鏡治療(前のページ子宮内膜症の手術療法参照)をメインにしている人、子宮筋腫核出術(5章子宮内筋腫の手術療法参照)が得意な人、子宮内膜症と子宮筋腫の両方を広く手がけている人などがいます。ですから、子宮内膜症で手術を希望する方は、内膜症の腹腔鏡治療をライフワークにしている医師のところに行くのがよいでしょうし、子宮筋腫の場合もやはり筋腫を専門にしている医師に診てもらうのがいちばんです。両方の病気を合併しているときは、広く手がけている医師のほうがよいかもしれませんもうひとつ、最近、医師の技量の目安として注目されている解しておくとよいと思います。
    病気が見つかった時
    病気が見つかった時

    症状などの改善に広く使われます。

    薬を使うという方法もあります。症例数
    については、きちんとその内容を理たとえばその施設で症例数がいくら多くても、実際に担当医はそれほどかかわっていないということもあります。また、軽い症例を扱っていれば、数はこなせますし、重症の手術をしていれば症例数は少なくなります。
    いちばんよいのは、その医師が中心になって執刀医、どんな手術をどれくらいこなしているかとたずねることなのですが、これがなかなかむずかしい。唯一の手段として、病院のホームページを見ると、各医師の症例数を公表しているところがあるので、そういうものを参考にするとよいでしょう。
    の症例数、自分の身を守るためにも、事前に執刀する医師病院やクリニックではなくて、併症(手術を行ったときに生じる別の障害)のおこる割合を聞いておきましょう。

    ストレスを感じて

    神経がはたらいています。

    医師個人-合腹腔鏡や子宮鏡(前のページ子宮内膜症の手術療法、前のページ子宮筋腫の手術療法参照)を使った手術を受ける場合は、日本産科婦人科内視鏡学会のホームページに一定の審査産婦人科専門医である。内視鏡手術の経験が2年以上ある.腹腔鏡下手術の場合100件以上、子宮鏡下手術の場合50件以上の症例がある、など>をクリアした技術認定医がのっていますので、参考にするといいと思います。
    -各学会のホームページ日本産科婦人科学会日本産科婦人科内視鏡学会婦人科で診てもらうために必要な、心と体の準備初診では症状はもちろん、月経のこと、アレルギーのこと、場合によっては生活環境や家庭環境についても伺います。

    細胞を発見する

    医学会指導私

    治療を再開することができます

    薬や睡眠
    私たち人間の歯並びにも、そうした自然の摂理はちゃんと組み込まれていままん人間もちゃんと身といえます。命のシナリオをもっているということです。
    傲慢にもそれを無視しているのは私たち自自然の摂理に則した命のシナリオを無視させてしまったのは、人間の限りないです。考える
    という人間に与えられた神の恩寵をとり違え、みずからを特別な存在だと思いこんできた人間は、ほかのどの動物よりも自分たちは高等な生き物なのだと思い、彼らを家畜やペットとして自分たちの都合のいいように支配してきましたおんちょうこれまで人間が培ってきた文化は、ある意味での文化でした。よりおいしいものを食べたいという欲を満足させるために、自然の摂理に則した食の範疇からはみ出し、より便利な生活をしたいという欲を満足させるために、さまざまな文明の利器を生み出すとともに、自然環境を破壊してきました。

    病気から始まる医学ではなく、健康な状態から体をとらえ、どうしたら健康を維持できるのかということを考えていかなければ、本当の医学というのは成り立っていかないのではないでしょうか私が食と健康の関係について真剣に研究しはじめたのは、いまから三十年以上も前のことです。当時、アメリカで多くの人の胃腸を診ていた私は、胃相·腸相が健康を知るうえでの非常によいバロメーターであり、胃相·腸相をよくすることが健康を手に入れる早道であることに気づきました。そこで私は、いま現在、病に苦しんでいる人を助けるためにコロノスコープ大腸内視鏡でのポリペクトミー内視鏡を使ったポリープ切除術技術の開発·普及に努めるかたわら、人間が病気になる根本原因を探しつづけましたさまざまな論文を読み、患者さんに協力していただき、臨床データを集め、薬の影響をみずからの体で検証し、野生の動物たちにも学びました。

    病気とはいえない

    その結果、私がたどりついたのは、「この世をすべて包んでいる自然の摂理(これは神の意志といってもよいのですが)に反することをすると人間は病気になる」ということでした生活習慣病といえるような病気はほとんど見あたりません。
    野生の動物たちには、もちろんそこには、医者や薬のない野生の世界で病気になることは死に直結してしまうからという一面もあります。の状態の野生動物がほとんどいないこともまた事実です。
    彼らはなぜ病気にしかし、ならないのでしょう。
    未病
    それは彼らが自然の摂理に則った生活を送っているからです。人間のように命というのは本来、健康に寿命をまっとうできるような仕組みをもっているのではないでしょうか。初めから病気になることが運命づけられている命などないのです。

    神経の緊張によってコルチゾール


    アレルギーで体がだるい免疫力を高めることでがんは必ず治ります。不幸にして先天的な疾患をもって生まれてくる命もありますが、それは命の発生段階において、遺伝的もしくは環境的に何らかの悪影響があったためと考えられます。この世に原因のない結果は存在しません。原因不明の先天的疾患も原因不明の病気も、原因がないのではなく原因がまだわかっていないというだけのことです。
    命は健康に生きるために必要なシナリオをもって生まれてくるのではないだろうか-私はそれを命のシナリオと呼んでいます。かんたんにいうと、動物たちは生きるために必要なことを本能的に知っているのです。つまり、野生動物は、本能的に命のシナリオを知り、それに従って生きているということです。
    肉食動物のと草食動物のが違うのは、あなたたちの食べ物はこういうものですよ、という自然の摂理の表れにほかなりません。

    医師の発想はまさにそれといえるでしょう。

    私たち人間の歯並びにも、そうした自然の摂理はちゃんと組み込まれていままん人間もちゃんと身といえます。命のシナリオをもっているということです。
    傲慢にもそれを無視しているのは私たち自自然の摂理に則した命のシナリオを無視させてしまったのは、人間の限りないです。考える
    という人間に与えられた神の恩寵をとり違え、みずからを特別な存在だと思いこんできた人間は、ほかのどの動物よりも自分たちは高等な生き物なのだと思い、彼らを家畜やペットとして自分たちの都合のいいように支配してきましたおんちょうこれまで人間が培ってきた文化は、ある意味での文化でした。よりおいしいものを食べたいという欲を満足させるために、自然の摂理に則した食の範疇からはみ出し、より便利な生活をしたいという欲を満足させるために、さまざまな文明の利器を生み出すとともに、自然環境を破壊してきました。

    薬が効くケースもあります。


    細胞から分泌される。
    もっとラクに作物を育てたいという欲は、農薬を作り出し、もっと土地やお金が欲しいという欲が争いを生んできましたいまの人間社会は、そうした自分たちの拡大させつづけてきたたちで支払っているのかもしれません
    と便利さの代償を、病気というかでも、もうそろそろ現在の医学の延長線上に本当の健康はないということに気づいてもよいころです。私たち人間も自然の一部です。自然の一部が健康に生きるには、自然の摂理に身をゆだねなければなりません。自然の摂理に身をゆだねるというのは、みずからに備わった命のシナリオに耳を傾けるということです。
    太っているのに飢餓感を感じるのは、必要な栄養素が足りないからです。下痢をしたり便秘をしたりするのは体に適さないものを食べているからです。そして、病気になるのは、命のシナリオを無視しているからです。

    薬から切りかえる場合

    ですから、これからの医学は、これまでのように病気を力でねじ伏せていくような医学ではなく、自然の摂理に立ち返り、命のシナリオに耳を傾け、みずからに備わった自然治癒力を目覚めさせ、にシフトしていくべきだと私は考えています。命を養っていく医学器別医学は医者をダメにする自然の摂理に学ぶなら、まず現在の臓器別医療をやめることが求められます。臓器別医療は、「木を見て森を見ない医療」だからです。自然には単独で成立しているものなどありません。すべては互いに影響しあいバランスを保っているのです。
    最近、海を育てる森づくりというのが話題になっているのをご存じでしょうか。


    免疫力を高めることでがんは必ず治ります。 症状がほとんどなく 医学会指導で更年期障害の外来にいく

    ガンセンター

    遺伝的背景のある

    うつが重くなることもあります。
    もちろんエンザイムはセックスライフにも大きくかかわっています。
    生活は、間違いなく性的機能の維持にもつながるのです。
    ミラクル·エンザイムを消耗させない理がなくなってからが、本当のハッピーセックス生理がこなくなった女性の多くに、セックスライフに抵抗を示す傾向が見られます。
    しかし、子供ができなくなったということと、セックスをするしないということは、まったく関係のないことです。
    たしかに、生理がこなくなると性ホルモンの分泌が少なくなるので、膣の潤いが不足したり、胸の張りが失われたり、肉体的変化はいろいろ表れます。しかし、そうしたことをネガティブにとらえるのではなく、やっと生理から解放され、子供ができるかもしれないという精神的ハンディからも解放され、純粋に精神的·肉体的にセックスを楽しむことができるようになったと、ポジティブにとらえてみてはいかがでしょうか。

    どんなに健康そうな人でも六十代ぐらいになると、セックスについて質問すると、「私はもうそういう機能がありません」とか、そういうことに興味も欲もなくなってしまいましたと答える人が増えてきていまでもそれは医学的に見れば、とても不自然なことなのです。セックスライフはいくつぐらいで終わるのかというと、本当なら死ぬまで続くのが当たり前だと私は思います。ただ、あえて機能的なことをいえば、本当に健康な男性なら七十五歳までは毎日朝立ちがあって当たり前、健康な女性なら五十五歳まで規則正しい生理があって当たり前といえます。女性の機能が五十五歳という比較的若い年齢で限界に達するのは、妊娠することと大きくかかわっています。妊娠というのは、自分の体の中にもう一つ別の人間を作り出す作業ですから、母体に非常に大きな肉体的ストレスを与えます。肉体的ストレスというのは、いわゆる精神的なストレスとはまったく別のものです。体にかかる負担、負荷ということです。そうした大きな肉体的ストレスに耐えるには、やはり若さが必要なのです。出産は、ただでさえ命がけの行為ですが、そのリスクは年齢を経れば経るほど大きくなっていきます。

    健康を害してしまっている原因はどこにあるのでしょう。

    母体のカルシウムがどんどん使われ、ボディ·エンザイムの消費量も二人分になるのですから当然多くなります。そうした急激に増大した消費を助けるミラクル·エンザイムも、若いうちは再生能力が高いのですが、年齢とともに衰えていきます。肉体は、どうしたって年齢とともに機能が低下するのです。そんな肉体に負担を強いず、その後の人生を自分のために楽しく生きるために、ホルモンバランスの入れ替えが行われるのではないでしょうか。人間が百歳まで生きるとして、そのちょうど半分ぐらいの年齢でホルモンバランスが入れ替わり、もうこれで生産期間は終わりましたよということになっているのは、これも体の自己防衛本能の一つだと私は思うのです。

    動脈の血行を止め


    薬物療法によって幻聴はなく医学会指導私生殖能力は女性よりも長い期間保たれま男性の場合は、妊娠·出産という大きな肉体的リスクがないため、す。精子の生産自体は、健康ならば一生涯続きます。
    九十歳になっても精力的な芸術活動を続けたことで知られる画家のパブロ·ピカソは、六十七歳で子供をつくっていますし、喜劇映画の名優·チャップリンは生涯で四回結婚し、最後の子供が生まれたのは七十三歳のときでした。日本人でも、ひと昔前なら俳優の上原謙が七十一歳で、最近では歌舞伎の中村富十郎が七十四歳で父親になっています。
    誤解していただいては困るのですが、私は別に高齢者に子供をつくるよう勧めているわけではありません子供がつくれるような体を維持することが、健康維持につながるということです。高齢になってから子供をつくられた先の四人に共通しているのは、健康な肉体と、仕事における現役生活の長さです。

    神経が優位にはたらいていると顆粒球がふえてリンパ球が減

    もちろんエンザイムはセックスライフにも大きくかかわっています。
    生活は、間違いなく性的機能の維持にもつながるのです。
    ミラクル·エンザイムを消耗させない理がなくなってからが、本当のハッピーセックス生理がこなくなった女性の多くに、セックスライフに抵抗を示す傾向が見られます。
    しかし、子供ができなくなったということと、セックスをするしないということは、まったく関係のないことです。
    たしかに、生理がこなくなると性ホルモンの分泌が少なくなるので、膣の潤いが不足したり、胸の張りが失われたり、肉体的変化はいろいろ表れます。しかし、そうしたことをネガティブにとらえるのではなく、やっと生理から解放され、子供ができるかもしれないという精神的ハンディからも解放され、純粋に精神的·肉体的にセックスを楽しむことができるようになったと、ポジティブにとらえてみてはいかがでしょうか。

    症状やHRTについての情報を得ていて


    ホルモンが残るイメージ的
    男性も女性も、ある年齢に達してホルモンバランスが変化すると、性的な欲求は衰えます。
    なくなっても、男女がセックスライフを楽しむことはとても大切なことです。
    しかし頻度は少男性の機能も、バイアグラのような薬に頼らなくてもちょっとした努力で、高めることができます。もっとも簡単なのは、セックスの1時間ぐらい前に五OOccの水を飲むことです。水を飲み膀胱に水分がたまることによって、前立腺が刺激され、勃起力が格段に上がります。ちなみに、この効果は、ビールやお茶などでは得られません。なぜならカフェインやアルコールが血管を収縮させてしまうからです。
    力杶s年をとると、「あんな面倒くさいこと、疲れるしやりたくないよ」という男性も多いのですが、本当に愛情のある夫婦。男女なら、セックスはけっして疲れることでも消耗することでもありません。精神的·肉体的幸福感が人の免疫機能を高めることも医学的には証明されています。
    男性には、いつまでも若々しい自分であり、女性から愛されたいという欲求があります。そして女性にも、いつまでも美しい自分であり、男性から愛されたいという欲求があります。そういう気持ちをいっまでももちつづけることは、健康で長生きするためにとても大切なことです。

    症状が慢性的に続くものといわれてきました。

    何事もそうですが、早くギブアップしたほうが負けなのです。
    であきらめると、肉体の老化は早く表れます。
    もういいや
    もうだめだ
    と精神的な部分ひけつけっしてあきらめないこと。
    これが健康で長生きする秘訣なのです。

    命のシナリオに耳を傾ける

    には寿命をまっとうできる仕組みがある医学はここ百年のあいだに飛躍的な進歩をとげたといわれています。しかし、病気になる人の数は減るどころか年々増えつづけています。医学が本当に進歩しているのだとしたら、なぜ病人が減らないのでしょう。
    それは現代の医学が、最初の入り口を間違えたからではないでしょうか。
    現代医学は治療、すなわち病気を治すことからスタートしています。それがそもそもの間違いだと私は思います。


    医学会指導私 東京にあるおすすめ予防歯科はこちら 薬への変更で対処は可能です。

    免疫力を高めることでがんは必ず治ります。

    医師の技量を見極めるポイント

    私は自分を含め人間の命がちっぽけなものであることを知っています。でもだからこそ、その小さな命が大切で愛おしくてしかたないのです。おいしければいい、楽しければいい、ラクならいい、そんな刹那的な生き方をして、その貴重で短い生涯を失ってしまうのはあまりにももったいないとは思いませんか^せつ短い人生を病気になって苦しむ必要はありません。
    健康に生きるすべは、私たち一人ひとりの命に命のシナリオ
    として書き込まれています。
    まずは自分の体の声に耳を傾けることです。その声が聞こえないときは、自然に学んでください。自然の摂理を見ればまの私たちに必要なものが何なのか、ちゃんと教えてくれていることに気づくでしょう。
    自然の摂理を謙虚に受けとめ、命のシナリオ
    い幸福な人生をサポートしてくれます。に身をゆだねれば、あとはミラクル·エンザイムが太く長健康を維持するというのは、人生の目的ではありません。人生を豊かに生きるために必要不可欠なアイテムの一つです。大切なのは健康な体を生かして、人生を思いどおりに生きていくことです。たとえ百二十年生きたとしても、やはり人生は短いと私なら思うでしょう。
    でもそれは、私にこの人生でやりたいことがいっぱいあるからです。しかもそれは、つねにモチベーション体のエネルギーを高いレベルでキープしていなければ、でも、をふるいたたせ、実現できないものばかりです。
    ガンセンター

    ストレスの高いものになりがちです。

    人生は短い。
    だからこそすばらしい人生を一人でも多くの人に送っていただきたいと思っています。いかがでしたでしょうか。
    「子宮内膜症子宮筋腫婦人科を受診することをおすすめします。
    チェックの結果がの可能性が高い」、あるいは「子宮内膜症子宮筋腫の可能性がある」
    となった方は、一度、とくに、12点満点で「子宮内膜症子宮筋腫の可能性が高い」に当てはまった方、あるいは「子宮内膜症子宮筋腫の可能性がある」に当てはまった方で、この1、2カ月のうちに症状が急激にひどくなったような場合は、できるだけ早めに婦人科にいらしたほうがよいでしょう。
    一方、結果が問題はなさそうに当てはまった方は、子宮内膜症や子宮筋腫の可能性は低く、今のところは大丈夫といえそうです。ただ、これから先、ある時期を境に症状が出てきたり、それまで気にならなかっ症状がひどくなったりすることがあるかもしれません。そのときはもう一度、このチェックリストを利用しご自身の状態を確かめるようにされるとよいと思います。
    月経ってどれくらいなら正常?どこからが問題アリ?
    月経とは、ご存じのとおり、妊娠にかかわるメカニズムのひとつです。
    ふつう排卵が一定だと、月経周期も月経の周期や量が変わって一定になりますが、排卵に問題があったり、卵巣や子宮に病気があったりすると、きます。

     

    細胞内に酸素を蓄えることができる


    健康を害してしまうのです。

    月経の乱れは、子宮や卵巣が発するSOSサインのひとつなのです。
    とはいえ、みなさんのなかには、3日で月経が終わってしまう方も、1週間以上続く方もいらっしゃるでしょう。また、月経のサイクルが25日ぐらいの方も、40日ぐらいの方もいらっしゃるでしょう。月経は人によってまちまちですし、ほかの人と比較することもあまりできないので、どんな月経なら正常なのか、あるいは自分の月経は正常範囲なのか、知っている方は意外に少ないのではないでしょうかそこで参考までに、次に標準的な月経を示しておきます。これを見て、ご自身の月経はどうか、確認しておきましょう。標準からはみ出してしまっている方は、子宮内膜症や子宮筋腫に限らず、なんらかの病気があるかもしれません。一度、婦人科の受診をおすすめします。標準的な月経月経周期は2538日月経期間は3~7日月経時の出血量は50~100㎖(多いときで2時間に1回ナプキンを交換するぐらいの量までなら正常)※月経時の出血量についてはきちんとしたデータがありません。これはあくまでも目安です。
    婦人科を選ぶときのポイントは?
    どこの婦人科にかかろうかまよったとき、最近は、さまざまな雑誌などでで、もちろんそういったものを参考にするのもよいと思います。
    よい病院を紹介していますのでも、ここでは医師から見た、患者さんの実生活に即した婦人科選びのポイントをあげておきます。

    医学的情報の提供につとめています。

    ストレスや緊張昨今の婦人科の事情も少し書いてありますので、あわせて参考にしてくださいまた近所の婦人科でもOK子宮内膜症かもしれない、子宮筋腫かもしれないと思って最初に足を運ぶのは、たいていご近所の病院やクリニックではないでしょうか。私はそれでまったくかまわない、最初から大病院や手術設備が整っている病院に行く必要はないと思います。むしろ、子宮内膜症や子宮筋腫の治療のほとんどは通院で行いますから、なにより通いやすい場所に病院やクリニックがあることが大事です。その代わり-といってはなんですが、あなたが診てもらうご近所の医師が、手術の実績のある医師とパイプをもっているかが重要です。できれば、「子宮内膜症の00という手術ならこの医師」、「子宮筋腫の00という治療ならこの医師」というように、治療法や医師について、いろいろな情報や医師との連携をもっていて、いざというとき、速やかにそういった医師を紹介してもらえるのが望ましいと思います。
    病気のもとを取り除く根治手術しかないということになります。
    病気のもとを取り除く根治手術しかないということになります。

    細胞に運ばれます。

    ガン患者がいる方はリスクが高いこのことについては、初診時に実は……と聞いてみるのは気が引けるでしょうから、手術を受ける場合は紹介状を書いてくれるのか、どこか決まった病院を紹介してもらえるのかなどを、受診前にまず電話で問い合わせてみるのがよいかもしれません。

    ホームページの過剰なキャッチコピーにご用心

    一方、今や常識となった病院選びの方法が、インターネットによる検索です。病院選びのためのサイトもいくつかありますし、病院やクリニックのホームページも参考になります。ホームページでは診療にかかわる医師の名前、専門などを探してチェックしましょう。
    ホームページのなかには、00治療で絶対に治るというような過剰なキャッチフレーズを並べているところもあります。くわしくはいえませんが、そういった言葉にまどわされた患者さんが集まってきて、治療ミスが多発したというケースを知っています。たまたまそのクリニックが問題だったのかもしれませんが、いずれにしても安易に治ると強調するキャッチコピーはあまり信用しないほうがよいというのが、私の持論です。
    内診に配慮を見せる婦人科·婦人科医を子宮と卵管、卵巣といった子宮付属器を診るために欠かせないのが内診ですが、必ずしも初診で行う必要はありません。極度に緊張されている患者さんに内診をしても、うまく病気の状態を探れないことがありますしなにより患者さん自身にとって、内診がトラウマのようになってしまい、次から婦人科を受診できなくなるおそれもあります。

    老化に関係する

    神経が緊張状態にある

    私の場合、性行為の経験がない患者さんや、緊張されていたり、不安をつのらせていたりする患者さんに対しては、初診で内診はせず、2回め、3回めの診察で信頼関係が築けてから内診をするようにしています。本当に内診がいやだという方は、担当の医師に率直に、気持ちを話してみてください。いずれは内診をしたほうがよいのですが、そのタイミングを調節することはできると思います。
    総合病院、大きな婦人科専門病院、私が勤める大学病院などでは、1日におおぜいの患者さんを診なければいけません。正直にいいまして、内診台のあるスペースはパーテーションで区切られている程度で、ほかの患者さんの声や移動時の音が聞こえてしまいます。そういうところではなく、完全にプライバシーが守られるところを望む方は、最近、個室を完備している個人医院·病院もありますので、そういうところを受診されるとよいと思います。

    神経が強くなる傾向があります。

    ストレスを感じて

    細胞を活性化

    体中のエンザイムが活性化し逆に、どれほど体が健康であっても、毎日ネガティブなことを考え、生を送っていたら、エンザイムはどんどん力を失っていきます。毎日不幸だと思いながら一人寂しい人ですから私は、ガンを治すというのはじつはそれほどむずかしいことではないと思っているのです。その人が心から自分は治ると信じ、自分が誰かを心から愛していることを悟ることができたら、その人は病を克服することができるのではないかと思います。愛する孫が学校を卒業して、結婚して、えれば、その人はそこまで生きるのです。
    無限の可能性が開くのです。
    症状がほとんどなく

    症状が混在している例が少なくありません。

    子供をもつまで自分はどうしても生きていたいと心の底から強く思どれだけ強いモチベーションをもつことができるか、それによって病気を癒すというのは、たんに悪いところを切り取ったり、薬を与えたりすることではありません。
    が心からハッピーになれるようなモチベーションをもたせてあげることです。その人ですから本当によい医者というのは、そういうモチベーションを患者に上手に与えることのできる医者なのだと思います。だから、私はそういう医者になりたいと思っているのです。
    では、何がいちばん強いモチベーションになるのでしょう。
    それはやはりだと思います。
    男女の愛、親子の愛、友への愛、いろいろな愛のかたちがありますが、どのような相手であれ、モチベ人を愛するところから生まれてくるものだと私は思ってションやウェルネス、います。

     

    症状もよくなります。


    薬を使い始めるということは可能です。

    ハッピネスというのはすべて、健康になるには、人を愛するという気持ちが絶対に必要なのです。人間は一人では幸福にはなれません。幸福な人生というのは、親の愛から始まり、愛する友や伴侶とめぐり合い、新たな命を生み出していくというように、つねにに満ちています。これは受ける愛から、互いに育む愛に、そしてそそぐ愛へという愛の進化の過程でもあります。はんりょ人は、本当に幸せを感じていると、免疫機能が活性化することが、血液検査でわかっています。免疫機能を高めるのはミラクル·エンザイムですから、幸せを感じている人にはミラクル·エンザイムの貯蔵量が充分にあるということもいえます。
    また、幸せを感じているときというのは、神経系は副交感神経が優位になっているのでストレスが減ります。ストレスが減るとフリーラジカルの発生が抑えられるので、腸内バランスが善玉菌優位になっていきます。そして、腸内環境がよくなると、そのよい状態が副交感神経を通して脳の視床下部に伝達され、その情報を大脳が受け取り、ああ幸せだなとふたたび実感するのです。
    つまり、本当の幸せを感じたことがきっかけで、【幸福の実感→副交感神経優位→ストレスの軽減→腸内バランスがよくなる→副交感神経優位→視床下部伝達→幸福の実感】という幸せのサイクルが回りはじめるので人間の体というのは、免疫系でもホルモン系でも神経系でも、どこか一つが単独で動くということはありません。
    ガンはウィルスが原因で起こる

    症状がはっきりあらわれない患者さんの場合すべてが影響しあい、一つのよいサイクルが回りはじめると、体全体が一気によいほうへと変化していくのです。このような幸せのサイクルが回りはじめると、腸内細菌もよい環境下で活性化し、ミラクル·エンザイムを大量に作りはじめます。そのミラクル·エンザイムの大量生産に刺激され、体全体の細胞の活性化が起こります。人を愛することで幸せを感じた人の自己治癒力が活性化する陰には、こうした幸せのサイクルによって大量に生まれるミラクル·エンザイムの働きがあったのです。
    誰かを愛するということが、私たち人間の命のシナリオ
    ことが、このことからもおわかりいただけると思います。
    に書かれているとても大切な項目の一つであるすべてはシナリオに書き込まれている体を臓器ごとに見てしまうと大切なものを見失ってしまうのと同じように、も誤りです。人間の心と体は切り離せない関係にあります。
    人間を肉体だけで見てしまうの仕事などで精神的な圧迫があると体は交感神経優位になり、優位になります。
    遺伝子が関係しているはずです。
    遺伝子が関係しているはずです。

    医者はごくまれです。

    症状も加わります。夜、寝ているあいだに体力が回復するのは、逆に幸福感に心が満たされると体は副交感神経寝ると体が副交感神経優位に切り替わるからで毎日精神的ストレスがある人が、忙しいからと、体によくない食事を続けていたら、体のバランスは加速度的に悪くなっていきます。病気に至るプロセスは一つではありません。すべてはつながっているのです。精神的要因、肉体的要因、環境的要因、それらすべてが組み合わさって、悪いサイクルが生まれたとき、病気になっていくのです。
    悪い食事は体内に大量のフリーラジカルを発生させますが、じぐらい多くのフリーラジカルを体内に発生させます。
    憎しみや妬みといったマイナス感情もそれと同ですから、食事や生活習慣をよいものにしていくだけでなく、康に生きるためにはとても大切なのです。
    精神的に平和で安定した状態を保つことが健同じようにガンを発病した人のなかにも、悪性度の強いガンでとても短いあいだに命を落としてしまう人とそれほど進行せずにすむ人がいます。この違いは病気になった本人、これをホスト宿主というのです。が、そのホストの体力の違いだと私は思っています。
    ガンが転移するのも、再発するのも、ホストの体力が低下しているからです。ではその体力とは何かというと、その人がもつミラクル·エンザイムの量だと、私は考えています。

    医学的情報の提供につとめています。

    薬では治せません。

    ホストがミラクル·エンザイムをある程度もっていれば、ガンが体内に発生してもそれほど悪性度の強いガンにならずにすむし、逆にミラクル·エンザイムの量が少ないと、すぐに凶悪な性質のガンになってしまうということです。そして、ミラクル·エンザイムをたくさんもっている人には、ガンなど最初からできないということです。宇宙の大きさから見たら、私たち人間はウイルスにも満たないようなとても小さな存在です。
    時間から考えたら、私たち人間の一生は瞬きする間もないような短いものです。
    そして宇宙のでも、それほど短くはかないものだからこそ、私は精一杯長く、精一杯エネルギッシュに生きたいと思っています。そして、より多くの人にも、そうした生き方をしていただきたいと思っています。私が、つねに若くいよう、健康でいよう、勉強もしよう、もっといろいろなものに興味をもとうと、多くの人に呼びかけているのもそのためです。

    治療をしたらよいかという

    症状がほとんどなく

    認知症にはあてはまりません。

    病気をくぐり抜ける体験
    このように私の場合は、患者の体に教えてもらったことが、医療の基本となっています。生活習慣の指導も基本は同じです。乳ガンの予防には、食事を改めることとともに乳房を毎日五分間くらいマッサージすることがとても有効なのですが、これも臨床で学んだことです。私の臨床データでは、この三十年間、血流やリンパの流れが滞りやすい乳房を毎日一、二回マッサージしていた人で乳ガンを発症した人は一人もいません。
    こうした乳ガンを予防するためのアドバイスを、乳ガン専門の医師たちがしているのかどうか私は知りません。でも、私がアドバイスをした人に1年後ぐらいに会うと、もちろん乳ガンになっていませんし、それどころかオッパイの組織がとてもやわらかくなって乳腺症までもが治っていることは事実です。

    ニューヨークにある私のクリニックでは、検査をするときには、患者さんの不安や負担を最小限にするためにも、他の臓器の検査も同時に行うサービスをしています。まず胃や腸の内視鏡検査の前に、全身の検査をひと通り行います。全身の皮膚の状態、血圧、脈拍、血中酸素レベル、甲状腺、リンパ腺、関節·筋肉の異常の有無、そして、女性だったら乳ガンの検査(もちろん患者本人の許可を取ってから行います)なども行いまけいかんそれから大腸内視鏡検査の前に、女性だったら「子宮脛管ガンの検査もできますがいっしょにやりましょうか?」と聞くのです。お願いしますといわれれば、肛門に内視鏡を入れる前に大腸内視鏡で子宮を診てあげるのです。膣の中に五八センチほど挿入し子宮を診ても診なくても検査時間は1分も変わりません。でも、患者さんにとってみれば、産婦人科に行ってスペクトルムを入れて検査を受ける必要がなくなるので、とても喜んでいただいています。

    薬は必要

    私の専門は胃腸ですが、このように子宮の検査もすれば、前立腺の検査も乳ガンの検査もします。そしてこうした検査内容は、患者さんに喜んでいただきながら、私自身にとっても、医師としてとてもよい学びになっているのです。
    の焼き肉
    より十年後の健康
    を選べ!
    私はさまざまな病気の検査をさせていただくことで、いろいろなことを学びましたたとえば、乳ガンの検査でも、その人の食歴を聞くと、食と病気の因果関係が見えてきます。

    ホルモンのひとつ


    ホルモンであるテストステロンが不足しているためです。老化に関係する乳ガンになる人は、コーヒーが好きで、牛乳、チーズ、ヨーグルトといった乳製品をひんぱんにとり、肉食をしていることがわかりました。そして、このような食事をしている人の多くには、乳ガンを発病していなくてもオッパイの感触がゴリゴリとする乳腺症の症状が出ていることもわかりました。つまり、コーヒー、乳製品、肉食という組み合わせが乳腺症を招き、そのまま食生活を改善しないでいると、乳ガンを発病する可能性が高くなるということがわかったのです。
    ですからそれ以後は、乳腺症の人には必ず、食生活の改善を指導しています。乳腺症のある人に、「あなたはコーヒーと乳製品とお肉が好きでしょ?」と聞くと、なんでわかるのですかと、みんな目を丸くして驚きます。そしてこれまでの臨床データを教え、種明かしをするとほとんどの人が素直に食生活の改善を受け入れてくれます。

    治療やマッサージなどのリハビリを始めます。

    このように私の場合は、患者の体に教えてもらったことが、医療の基本となっています。生活習慣の指導も基本は同じです。乳ガンの予防には、食事を改めることとともに乳房を毎日五分間くらいマッサージすることがとても有効なのですが、これも臨床で学んだことです。私の臨床データでは、この三十年間、血流やリンパの流れが滞りやすい乳房を毎日一、二回マッサージしていた人で乳ガンを発症した人は一人もいません。
    こうした乳ガンを予防するためのアドバイスを、乳ガン専門の医師たちがしているのかどうか私は知りません。でも、私がアドバイスをした人に1年後ぐらいに会うと、もちろん乳ガンになっていませんし、それどころかオッパイの組織がとてもやわらかくなって乳腺症までもが治っていることは事実です。

    症状には抗


    細胞におおわれています
    医師である私にとって心からうれしいのは、病気を治すことでもなく、名医と呼ばれることでもなくように発病の可能性をもった未病の人に的確なアドバイスをし、健康になってもらうお手伝いができたときでこうした経験を積んでいると、の大切さを日々痛感せずにはいられませんしかし、いまの日本は、体にとって害になる食物が、よいものとしてまかり通っているのが現状です。
    私はこの三十年間、機会を得るごとに食と健康の関係、そして危険な食物について述べてきましたが、まだ社会通念を改革するには至っていません。しかもこのまは臓器別医療が徹底されていったら、師が、私のように臨床で学ぶことはますますむずかしくなっていきます。若い医これからの医学に必要なのは、予防医学です。そして、正しい予防医学を確立するためには、正しい食の知識が必要不可欠です。すでに既存の常識に凝り固まった大人の意識を改革するのはなかなか大変です。本人が病気になれば別ですが、未病の段階では十年後の健康より今夜の焼き肉という人のほうが多いのです。

    ホルモン療法について

    本書をここまで読んでくださったあなたには、ぜひ今夜の焼き肉より十年後の健康を選んでほしいと思っています。いま私が期待しているのは、次世代の教育です。よく知育、体育、徳育の三つが教育の柱として掲げられるのを耳にしますが、これからはぜひもう一つ、食育を組み入れて、正しい食の知識を多くの人に知っていただく機会を教育や医療の場でつくり出してほしいと思っているのです。現在の、カロリー計算と間違った理論にもとづく学校給食はとても危険です。
    の改革と子供たちを対象とした食育がこれからの急務だと思っているのです。そうした意味でも、学校給食人間が生きていけるの物のおかげ魚の死骸が堆積しているところなどあ海で死んだ魚はどうなるか知っていますか?


    老化に関係する 免疫力を高めることでがんは必ず治ります。 ガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗して

    ガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗して

    医師や専門家の指導で決めてもらう。

    治療抗生物質などの抗菌
    私も内視鏡を入れて丹念に診ましたが、どこにもガンは認められません年齢も若いし、それほど心配はないと思ったのですが、あまりにその女性が違和感を訴えるので、私は十二指腸から胆管に造影剤を入れてレントゲン検査をしてみました。胆管は非常に細いので、内視鏡では診ることができません。胆管に造影剤を入れる検査なども、通常ではまず行わない検査です。ところが、この検査で胆管に小指の先ほどの大きさのガンが見つかったのです。また、自分は胃ガンにちがいないといって私のところに受診しにきた患者さんもいました。この方も通常の内視鏡検査では異常は見られませんでした。でも、この場合も患者がこれほど訴えるのだから何かあるはずだと思い、私は一か月ほど間をあけて、もう一度内視鏡検査をすることにしました。すると11か月後、胃には小さな潰瘍ができていました。そこで組織を取って検査したところ、胃粘膜の下にスキルスガンが広がっていることがわかったのです。

    これは、急に海から魚がいなくなったのを不思議に思った漁師たちが原因を調べたところ、数年前に開発のために山の木が広範囲にわたって伐採されていたことが原因とわかり、魚を呼び戻すために山に植林をするというプロジェクトです。
    一見しただけでは関係性がないように見える木の伐採と海の魚ですが、自然のサイクルの中では密接につながっていたのです。
    ばっさい人間の体も同じです。六十兆個の細胞それぞれの個別の活動が、血液·リンパの流れ、胃腸の流れ、尿の流れ、空気の流れ、そして気の流れという五つの流れを媒介に、密接に関係しあいながら生命活動が行われているのです。そうした流れを無視して、胃だ腸だと単独の臓器だけで問題を解決しようとすることに、もともと無理がぁるのです。このまま臓器別医療が進んだら、その先にあるのは、もはや医師ではありません。自分の専門があったとしても、それ以外の臓器のことも、その患者の健康状態をトータルに診ることができるのが本当の医師というものです。

    薬申請をした。

    見るからに顔色の悪い患者を目の当たりにしても、自分は胃腸の専門だからと、ただ腸にコロノスコープを入れて、ポリープはないか、ポリープはないかとただそれだけを診て、「ポリープもガンもなかったですよよかったですね」と帰すのでは、あまりにもお粗末です。
    私のことを全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医と呼んでくださる方もいらっしゃいますが、私は自分が特別な才能をもっているとは思っていません。私はただ、患者の体の声に耳を傾けながら日々診療にあたっているだけです。現在アメリカでは乳ガン患者の大腸検診が定着していますが、そのことを最初に発表したのは私でした。

    生活習慣の改善


    医師とやりとりをするガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗してそのときも、これはドクター新谷のすばらしい発見だとほめていただきましたが、私にいわせれば、それぞれの患者の体全体を診ていれば、他のドクターにもわかることだったと思っています。私はガンをもっている人に会うと、体の中を見なくてもそのことがわかります。なぜなら、うまく言葉では説明できないのですが、自分のがサーッと吸い取られるような感じを受けるからです。私がこういう話をすると、ドクターの多くは苦笑します。でも、これはたんなるカンではなく、私の膨大な臨床経験に裏打ちされた直感なのだと思います。
    以前、三十八歳の女性で、上腹部を指さしながら、方がいました。たしかにそんな気がしました。
    「先生、私のこのあたりにガンがあるんです」
    と訴えたところが、彼女は私のところに来る以前に、いくつもの病院へ行き、検査も受けたが、どこへ行っても検査結果は異常なしだったそうです。

    ホルモンシステムです。

    私も内視鏡を入れて丹念に診ましたが、どこにもガンは認められません年齢も若いし、それほど心配はないと思ったのですが、あまりにその女性が違和感を訴えるので、私は十二指腸から胆管に造影剤を入れてレントゲン検査をしてみました。胆管は非常に細いので、内視鏡では診ることができません。胆管に造影剤を入れる検査なども、通常ではまず行わない検査です。ところが、この検査で胆管に小指の先ほどの大きさのガンが見つかったのです。また、自分は胃ガンにちがいないといって私のところに受診しにきた患者さんもいました。この方も通常の内視鏡検査では異常は見られませんでした。でも、この場合も患者がこれほど訴えるのだから何かあるはずだと思い、私は一か月ほど間をあけて、もう一度内視鏡検査をすることにしました。すると11か月後、胃には小さな潰瘍ができていました。そこで組織を取って検査したところ、胃粘膜の下にスキルスガンが広がっていることがわかったのです。

    症状に効果をあらわします。


    細胞膜で発生する活性酸素に対抗するには不向きであ
    スキルスガンは進行が早く早期発見がむずかしいうえ、粘膜の下にできてしまうと内視鏡検査ではほとんどわからないため、非常に恐ろしい病気です。もし、あのとき二か月後の再検査を約束していなかったら、ガンは致命的なものになってしまっていたでしょう。
    かいよう一人の医師が一人の患者と向き合える時間は、それほど長いものではありません。その短い時間のあいだに医者は全神経を集中して、患者の体が発しているSOS信号を受け取らなければなりません。

    頭痛を頻繁に繰り返

    それはまさに剣の豪同士の真剣勝負にも引けをとらないほどの気合い
    の世界です。しかし残念なことに、患者の体の声を聞こうとする医師は減ってきています。それは臓器別医療が徹底されてきているからです。みなさんも経験があると思いますが、患者は診察を受ける前に、自分が診察を受ける科を自分で決めなければなりません。そのうえ、診察室で医師から「今日はどうしましたか?」と聞かれるのです。そこで患者が胃が痛いといえば、胃の検査をし、病気があるかないかを調べますが、胃に何も問題が見つからないと「よかったですね。なんともありませんよ」と帰してしまいます。患者のほうからもっと検査をといい出さないかぎり、診察はそこで終わりです。ひどい医者になると、患者の声を無視して「気のせいですよ。そんな検査は必要ありません」と追い返してしまうケースさえあります。でも、ます。先ほどの私の体験からもわかるように、医師はもっと患者の声に真剣に取り組むことが必要だと思私はこうした臓器別医療の現状が悲しくてしかたありません。
    がないからです。こんなことをしていて本当の医師が育つわけさらに悪いことに、いまではインターン制度まで廃止され、医師免許を取った時点で、その医師は自分の専門を決めることになります。これは、専門以外の臓器のことを学ぶ機会すら与えられないということです。


    ガン剤によってミラクル·エンザイムを消耗して 症状が出がちです。 症状がほとんどなく