ストレスを感じて

細胞を活性化

体中のエンザイムが活性化し逆に、どれほど体が健康であっても、毎日ネガティブなことを考え、生を送っていたら、エンザイムはどんどん力を失っていきます。毎日不幸だと思いながら一人寂しい人ですから私は、ガンを治すというのはじつはそれほどむずかしいことではないと思っているのです。その人が心から自分は治ると信じ、自分が誰かを心から愛していることを悟ることができたら、その人は病を克服することができるのではないかと思います。愛する孫が学校を卒業して、結婚して、えれば、その人はそこまで生きるのです。
無限の可能性が開くのです。
症状がほとんどなく

症状が混在している例が少なくありません。

子供をもつまで自分はどうしても生きていたいと心の底から強く思どれだけ強いモチベーションをもつことができるか、それによって病気を癒すというのは、たんに悪いところを切り取ったり、薬を与えたりすることではありません。
が心からハッピーになれるようなモチベーションをもたせてあげることです。その人ですから本当によい医者というのは、そういうモチベーションを患者に上手に与えることのできる医者なのだと思います。だから、私はそういう医者になりたいと思っているのです。
では、何がいちばん強いモチベーションになるのでしょう。
それはやはりだと思います。
男女の愛、親子の愛、友への愛、いろいろな愛のかたちがありますが、どのような相手であれ、モチベ人を愛するところから生まれてくるものだと私は思ってションやウェルネス、います。

 

症状もよくなります。


薬を使い始めるということは可能です。

ハッピネスというのはすべて、健康になるには、人を愛するという気持ちが絶対に必要なのです。人間は一人では幸福にはなれません。幸福な人生というのは、親の愛から始まり、愛する友や伴侶とめぐり合い、新たな命を生み出していくというように、つねにに満ちています。これは受ける愛から、互いに育む愛に、そしてそそぐ愛へという愛の進化の過程でもあります。はんりょ人は、本当に幸せを感じていると、免疫機能が活性化することが、血液検査でわかっています。免疫機能を高めるのはミラクル·エンザイムですから、幸せを感じている人にはミラクル·エンザイムの貯蔵量が充分にあるということもいえます。
また、幸せを感じているときというのは、神経系は副交感神経が優位になっているのでストレスが減ります。ストレスが減るとフリーラジカルの発生が抑えられるので、腸内バランスが善玉菌優位になっていきます。そして、腸内環境がよくなると、そのよい状態が副交感神経を通して脳の視床下部に伝達され、その情報を大脳が受け取り、ああ幸せだなとふたたび実感するのです。
つまり、本当の幸せを感じたことがきっかけで、【幸福の実感→副交感神経優位→ストレスの軽減→腸内バランスがよくなる→副交感神経優位→視床下部伝達→幸福の実感】という幸せのサイクルが回りはじめるので人間の体というのは、免疫系でもホルモン系でも神経系でも、どこか一つが単独で動くということはありません。
ガンはウィルスが原因で起こる

症状がはっきりあらわれない患者さんの場合すべてが影響しあい、一つのよいサイクルが回りはじめると、体全体が一気によいほうへと変化していくのです。このような幸せのサイクルが回りはじめると、腸内細菌もよい環境下で活性化し、ミラクル·エンザイムを大量に作りはじめます。そのミラクル·エンザイムの大量生産に刺激され、体全体の細胞の活性化が起こります。人を愛することで幸せを感じた人の自己治癒力が活性化する陰には、こうした幸せのサイクルによって大量に生まれるミラクル·エンザイムの働きがあったのです。
誰かを愛するということが、私たち人間の命のシナリオ
ことが、このことからもおわかりいただけると思います。
に書かれているとても大切な項目の一つであるすべてはシナリオに書き込まれている体を臓器ごとに見てしまうと大切なものを見失ってしまうのと同じように、も誤りです。人間の心と体は切り離せない関係にあります。
人間を肉体だけで見てしまうの仕事などで精神的な圧迫があると体は交感神経優位になり、優位になります。
遺伝子が関係しているはずです。
遺伝子が関係しているはずです。

医者はごくまれです。

症状も加わります。夜、寝ているあいだに体力が回復するのは、逆に幸福感に心が満たされると体は副交感神経寝ると体が副交感神経優位に切り替わるからで毎日精神的ストレスがある人が、忙しいからと、体によくない食事を続けていたら、体のバランスは加速度的に悪くなっていきます。病気に至るプロセスは一つではありません。すべてはつながっているのです。精神的要因、肉体的要因、環境的要因、それらすべてが組み合わさって、悪いサイクルが生まれたとき、病気になっていくのです。
悪い食事は体内に大量のフリーラジカルを発生させますが、じぐらい多くのフリーラジカルを体内に発生させます。
憎しみや妬みといったマイナス感情もそれと同ですから、食事や生活習慣をよいものにしていくだけでなく、康に生きるためにはとても大切なのです。
精神的に平和で安定した状態を保つことが健同じようにガンを発病した人のなかにも、悪性度の強いガンでとても短いあいだに命を落としてしまう人とそれほど進行せずにすむ人がいます。この違いは病気になった本人、これをホスト宿主というのです。が、そのホストの体力の違いだと私は思っています。
ガンが転移するのも、再発するのも、ホストの体力が低下しているからです。ではその体力とは何かというと、その人がもつミラクル·エンザイムの量だと、私は考えています。

医学的情報の提供につとめています。

薬では治せません。

ホストがミラクル·エンザイムをある程度もっていれば、ガンが体内に発生してもそれほど悪性度の強いガンにならずにすむし、逆にミラクル·エンザイムの量が少ないと、すぐに凶悪な性質のガンになってしまうということです。そして、ミラクル·エンザイムをたくさんもっている人には、ガンなど最初からできないということです。宇宙の大きさから見たら、私たち人間はウイルスにも満たないようなとても小さな存在です。
時間から考えたら、私たち人間の一生は瞬きする間もないような短いものです。
そして宇宙のでも、それほど短くはかないものだからこそ、私は精一杯長く、精一杯エネルギッシュに生きたいと思っています。そして、より多くの人にも、そうした生き方をしていただきたいと思っています。私が、つねに若くいよう、健康でいよう、勉強もしよう、もっといろいろなものに興味をもとうと、多くの人に呼びかけているのもそのためです。

治療をしたらよいかという