ガンはすでに進んでいます。

老化が遅らせられているであろう

子宮内膜症、手術療法
現在、子宮筋腫では、そこに新しい第3の治療法
前のページでお話ししたように、子宮内膜症も子宮筋腫も、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けて進行し月経に伴って症状が現れる病気ですから、薬物療法はエストロゲンを抑制する、ホルモン療法が中心となります。ホルモン薬によって、女性ホルモンを出す卵巣の機能を弱めたり、抑えたりして月経を止める方法で増殖した内膜組織や筋腫を小さくし、つらい症状を抑えることを目的とした治療法です。ただし、ホルモン薬による治療では、病気をつくり出す子宮や卵巣はそのまま残っているので、子宮内膜症や子宮筋腫をもとから治すことはできません。そのため、このような治療法を保存療法と呼びます。
手術療法には、子宮や卵巣は残したまま、本来あるべきでないところにできた内膜組織や筋腫だけを取り除く保存手術と、子宮や卵巣そのものを取り除く根治手術があります。
こんち保存手術は、ホルモン療法と同様に保存療法です。
症状があるようです。

病巣を取ってしまえば、子宮内膜症や子宮筋腫は治ると思われるかもしれませんが、手術を受けて症状がなくなっても、卵巣や子宮があって元気に働いている限り再発の可能性が非常に高いのです。ですから、子宮内膜症や子宮筋腫を完全に治す根治療法は、病気のもとを取り除く根治手術しかないということになります。
症状だけを抑えてようすを見る対症療法患者さんのなかには「子宮内膜症や子宮筋腫があってもよい。
ただ毎月のつらい症状だけはなんとかしたい」
という方もいらっしゃるでしょう。
そういう方には、症状を抑える対症療法を行うことがあります。
たとえば、月経痛などの痛みには鎮痛薬を、痛みやそのほかの症状の緩和のために漢方薬を処方したりします。また、子宮内膜症でおこりやすい精神的に落ち込むなどの症状には抗うつ薬を、子宮筋腫の過多月経による貧血を治すために鉄剤を処方することもあります。

薬のなかでも激しい作用をともなうものは取り入れず


うつにはつながりにくいでしょう

また、内膜症や筋腫が見つかっても、小さかったり、症状がない患者さん、痛みだけでなく、そのほかの症状が軽い患者さんの場合は、治療をせずに、「定期検診をしながら、ようすを見ていきましょう」という、経過観察を行います。経過観察をしていて不快な症状があれば、対症療法をとります。
ただし、対症療法を行うときも、経過観察中も、必ず定期的に検査を受けて、内膜症や筋腫の状態を確かめてください。なぜなら、内膜症で卵巣が大きく腫れてくる、癒着がおこる、筋腫が大きくなるというような場合は、対症療法以外の治療が必要になるからです。
ゆちゃく子宮内膜症の治療法の選び方

  • 診断が確定されないまま治療を始めることも
  • けいちつ子宮内膜症の場合は、内診や経膣エコーなどの検査である程度、内膜症だろう
    定診断をするには、腹腔鏡検査でおなかのなかを実際に見なければなりません。

    薬を処方する前には必ず

    神経が興奮状態になって

    と予測はつきますが、確ふくくうきようしかし、この腹腔鏡検査は前のページのコラムでも取り上げたとおり、決して簡単なものではありませんし、体にメスを入れるので、患者さんに負担がかかります。検査中に内膜症が見つかったら、ただちに治療に移行できるという利点もありますが、そういったことを加味しても、やはり気軽に腹腔鏡検査をしますとはいえないのが、患者さんの本音でしょう。
    このような理由で、子宮内膜症と確定診断ができないことも多く、だと想定し、まず、薬物療法を考える場合が少なくありません。


    認知症の本質をもっとも理解していない

    医師やカウンセラー

    症状や病気の状態からこれは子宮内膜症

    卵巣の手術をするのは、

    どんなとき?
    子宮内膜症の治療で、卵巣の手術をすることがあります。
    その目的はおもに次のふたつになります。ひとつは卵巣のなかに内膜症の病変がある卵巣チョコレートのう胞の場合で、経膣エコーで見つかると、診断と治療を兼ねて腹腔鏡検査を行うのがふつうです。手術は病変部の内膜組織だけを取るケースと、卵巣ごと摘出するケースがあります。年齢などにもよりますが、最近は卵巣を温存する選択が多くなっています。卵巣は左右2つありますので、片方だけに病変がある場合は、そちら側の卵巣だけを取るということもあります。
    卵巣がひとつだけになってしまったら、女性ホルモンの分泌が少なくなるのではとか、子どもができなくなるのではと心配される方もいらっしゃるでしょうが、人間の体というのは不思議なもので、卵巣がひとつになったら、そのひとつが2つ分の量の女性ホルモンを分泌するようになりますし、毎月排卵もしますので、ご安心ください。

    病気というイメージがあるけれど

    ホルモンのほ


    医師からいくつ

    卵巣手術のもうひとつは根治療法を目的とする場合で、両方の卵巣と子宮を摘出することになります。子宮内膜症を進行させるのは卵巣が分泌する女性ホルモンですから、その大もとと、内膜が発生する場をなくしてしまえば子宮内膜症は完全に治ります。ただし、女性ホルモンが分泌されなくなるので、更年期の症状が出ることになります。
    治療法はライフスタイルによって変わる治療法を選ぶうえで、もっとも大きなポイントとなるのは妊娠を希望するかどうかということです。
    ただしかならずしも正しくありません。
    妊娠を希望するので保存療法の薬物療法を選択するというのは、による不妊は、保存手術で治ることがまれではないからです。

    • 症状で決めるべきものです。
    • 検査で組織をとって菌を培養する
    • ガンになったときのように心配